Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20121226Wed

縦書き・横書きについて思うことをつらつらと

縦書き不要論 - Nothing ventured, nothing gained.

こちらから連想したものの、あまり意見としてまとまっていないけれど現在の考えをメモするという意味合いでつらつらと。


理想的には

紙と違ってデジタルな文字の情報なのだから、受け手側が自由に変更していけるのが理想的。

私がRSSフィードリーダーを好きなのはこの点で、ブログのデザインがどうだろうが内容を読むときは読む側が比較的自由に背景色・文字色・文字の大きさを変更できるのは大きな利点だと考えている。フォントも閲覧者側で自分の読みやすいようにカスタマイズすればええがな、と思う。

当然、点字ディスプレイや音声化も(可能であれば)受け手側が好きに選択できるのがベスト。


まぁ、まだ現状はそうはいかないんだよね

SVGの場合

最近個人的な興味のポイントはSVGに集中しているのだが、例えばSVGでも文字列の縦書きには一応対応しているもののなかなか難しい状況

参考:文字列の挿入 - svg要素の基本的な使い方まとめ


先日のエントリーでは

ただ文字周りはブラウザ間での差異も多々あるため(特に縦書き)、容量が増えてしまいますがいっそアウトライン化してしまうのも一つの手です

Advent Calendar 3日目:SVG画像を1キロバイトでも削るダイエット術! - 聴く耳を持たない(片方しか)

と書いたが、ラスター(ビットマップ)画像や他のベクター画像と違い、せっかくテキスト情報として取得ができるSVGでわざわざアウトライン化するのは忸怩たる思いもある。

とは言え様々な環境で見られることを考えると、縦書き対応は難しくいっそ諦めた方が楽は楽。使えるなら使いたいけれども。

横書きの文化

受け手側が自由に変更できるようになるのが理想、なのだけれども扱いの難しいものもある。

従来の縦書き組版について蓄積のあるもの(鍵括弧や句読点など)も勿論そうだが、顔文字やアスキーアート(AA)もその一つ。AA自体は好き嫌いはあるだろうし、私自身もあまり好きではなく滅多に使わないのだが、文化としては無視できないだけの利用者の数と表現の幅があるのも事実。

これらはそのままでは縦書きには変換が難しく、いかんともしがたい存在。またあれは図表として捉えればよいのか、どうか?も悩ましい点ではある。


今のところ「横書きのAA」というのが主流だが、今後「縦書きのAA」というのも開発されるかもしれない。そうした場合さらにそれらの変換は困難になってくるだろうし、またAA自体は日本語だけでなく他の言語でも存在するし。


そういったことを鑑みると、現状ではまだまだ難しいなー、というのが現在の認識。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20121226