Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20110423Sat

ネットを離れる、と言いつつも

新聞社のニュースとか、技術的な検索・過去のブックマークからの検索、ネットラジオ、(ネタバレ関係なさそうな)絵日記サイト巡り、小説サイト購読とかは継続中、……というか*1それも止めるつもりだったが、ついつい見てしまう罠。

あと

「ネタバレ反対!」「地方のファンのこと考えろ!」的な考えは、あんまりなくて*2

「ネタバレ」から避難するのをきっかけに、しばらくネットから距離を置く期間を設けよう

というのが大きい。

以前は……2003~2005年くらいまでだったかな?……、(メールを除いて)必要でないネット閲覧を停止する期間……というのを1週間だったりやっていた。割とネットジャンキーな面があるので、あまりに熱中し過ぎると危険、と感じることがあり、冷却期間というか、そういう時間を作りたかった。

ここ数年は特にケータイを変えたり、Twitterを始めたりして、ちょっとした空き時間でもすぐにネットをやったりTwitterをやったりしている。そういうのは便利な部分でもある反面、ぼーっとする時間とか、妙なアイデアを浮かべる時間を押しやっているようにも感じてはいる。


ただそれが短絡的に「現代人の時間に追われる生活が云々」てきな見方で、ダメだとは思わない。ネット閲覧や、Twitterをきっかけにアイデアを着想する機会も非常に多く、創造的なものでもある。おそらく、私よりももっと若い世代はこうした自分を取り巻く情報の環境を上手く整理して、使いこなし、いい関係性を築けるのだと思うが、私の場合はちょっとネットの情報の処理の量の多さにあっぷあっぷになっている*3、感覚が最近はある。

昨年は「Twitterのプロフィールアイコンを毎日ドット絵で変更」なんてやったので、そのコンセプトから毎日利用を継続せざるを得なかったが、それ以後は(2010年11月以降)徐々にではあるけれども、利用形態を見直してはいる


http://twilog.org/rikuo/stats (Twilogでの投稿数の推移)


そういったところの一環で、この機会に少し色々と考え直していこう、というのもあるっちゃある。

いい機会なので

新しいケータイにしたり、ゲーム買ったりしようかとも思ったがそれだと意味がないので自重。

*1:新聞社のニュース記事は事前のルールで除外を考えていたが

*2:気持ちとしてはゼロではないが

*3:これは方言かな?「溺れる」というか

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20110423