Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20100421Wed

[][]Twitterの毎日変更しているアイコンの制作状況

現在Twitterでは毎日アイコンを変更している。(参考:img:rko:Twitter

別に毎日更新するのが目的ではないが、体調不良ややる気の低下、時間的な拘束等々、描けない事情があるのでなるべく余裕を持つために先行してストックを持つようにしている。

ストック

  • Twitterに使っていないが過去に作ったもの
  • 以前に作った未公開のもの

img:rko:dotなどがそう。できればこのストックを多く持っていたいがそんなに沢山でもない。


制作状況

2010年4月21日(水)現在、4月27日(水)までのアイコンは制作完了している。こういう余裕あるときもあるが、23時ごろにその日の分を描くっていうケースもある。

それでも描けなかったら、ストックに手をつける……というパターン。


毎日更新は目的ではない

コンセプトとしては、1年365回分を更新することではあったが、あくまで回数であって連続して毎日更新するのが目的ではない。それだと気分的に辛いので。

ルールは緩くした方が、私としては継続できると考えているため、こうした定義をしている。「ほぼ日刊イトイ新聞」のようなもので、毎日ではないとしておくことでいつでも休めると心に余裕が生まれるというか。


1年分達成したらその後は

はっきり言って考えていない。

Twitterの利用状況もあるだろうし、その頃にはすっかり他のサービスに執心しているかもしれない。そのときに考える。


というか、途中で断念する可能性も高い。


制作の様子

主にインターネットラジオを聴きながら描くことが多い。

特にアニメ関係の番組を聴いているのだけど、ものにもよるが20~30分で1つのアイコンを仕上げるので適度に集中できる。


使用ソフト

「EDGE」を使ってる、ドット絵に特化しているのでPhotoshopより使いやすい。

色見本は基本的に作ってない。毎回、適当。

はてなのマスコット「しなもん」 はてなのマスコット「しなもん」2 はてなのマスコット「しなもん」3 はてなのマスコット「しなもん」4 はてなのマスコット「しなもん」5 はてなのマスコット「しなもん」6 はてなのマスコット「しなもん」7 はてなのマスコット「しなもん」8 はてなのマスコット「はてなちゃん」と「しなもん」 はてなちゃん はてなちゃん2 はてなちゃん3 はてなちゃん4 はてなちゃん5 はてなちゃん6

特によく描いている、しなもん&はてなちゃんは色がその日の気分で変えているので、結構まちまち。

しなもんは明るめのオレンジというイメージがあるが、はてなちゃんの髪は彩度の低い紫~青みがかったグレー、辺りがイメージにあってそこら辺がその日によって違う、という。

色2

色数については「なるべく過度に増やさない」という方針。

ドット絵のレトロっぽい感じって、色数が肝だと思っている。例えば16ピクセルのアイコンなら、16*16で最大256色使えるわけだけれども、そうした画像ってドット絵という印象を受けないんだと思う。逆にピクセル数が大きくても、色数が少なければレトロなドット絵っていう印象になる。

色については「ファミコンで使われた色しか使わない」「昔のパソコン時代の16色しか使わない」などで描く人もいるのだけど、私自身はあんまり厳密にやるのは面倒なので、色自体に厳しい制約はつけない方針、色数も8色まで……とか細かいと辛いのでなるべく、とゆるく。


もう少し技術がついたら、ファミコンの制約でドット絵を描く、というのもやりたいけれどねー。色数と、スプライトのことを考えると完全に再現するか、それっぽくするか、どの程度のレベルで妥協するかも難しいし。


動画

ニコニコ動画における「描いてみた系」は慣れてきたらやってみたいなー、と思いつつ、なかなかやれてないという。

Ustream配信とか?うーん。面白いとは思うものの、動画の知識の方が必要だろうから、そのうち。


メリットデメリット

「Twitterは、ブログデザインのようなビジュアルイメージは構築できないし、ユーザー名も英数字と憶えにくい。そのためTwitterにおいてはアイコンは個人を示す重要な要素であるため、1度使い始めたらあんまり変えない方が良い」

っていうのは、正論だと思うし、変えるにしても花を頭に追加するとか、構図とか画風・雰囲気まで一新しない……という考えは戦略として正しい、とは思う。


まして、毎日変更するなんて労力に見合わないし、憶えにくいし、認知されにくいし、とデメリットが多い。


という。


分析すればそうなんだろうけど。ただ「誰もやらないからこそやる」メリットはあるんじゃないかなー、とは思う。ただ、そのメリット感じたことはあんまりないけれどもね。別にフォロワー増えるわけでないし。

それでも、コツコツ継続して数を積み上げると何かしら得られるものがあるかなー、と。


あ、メリットとしては

(毎回ではないが)アイコンによっては変更すると、反響があるものもあり、そこら辺から会話になったりする。

私自身はあんまり積極的にmentionをしないので*1、交流のきっかけになるのは有り難い。

*1:そういうポリシーではなく、小心者なので

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20100421