Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20090509Sat

オレの読解力がまずい

ブックマークコメントを書いた後、元のエントリーを読み返してみたら的外れな指摘だったことが多い。脊髄反射で書き殴っては駄目だな、ちゃんと理解しないと。

mixi黎明期のころはどうだったのだろう

  • Twitterの使い方がよく分からない
  • Twitterに慣れない
  • Twitterに女子を増やそうぜ

ら辺を見てると、mixi黎明期はどうだったのだろうなぁ、と思う。

ソーシャルネットワークサービス(SNS)という仕組みをmixiで初めって知ったという方も多かっただろうし、招待制、また閲覧範囲の制限や「マイミク」という言葉など、従来のサービスと比べて戸惑う部分が多かったのではないか?と思う。当時も紹介エントリーやらなにやらがあったと思うし、「女子を増やそうぜ」キャンペーンみたいな運動が利用者からあったかは記憶にないけれども、運営側からは女性ユーザーを拡大するためになんらかの施策を行っていたのではないかなー。

ある程度普及すると、口コミや友達がやってるから、という感じで拡大していったようなので(キャズムを越えた、と表現するらしい)要はそれ以前のmixiの普及の仕方はどうだったのかなー、というところが気になる。

私自身で言えば、正直mixiはあまり興味がもてなかったので、当時のことはよく憶えてない。でもって、それがTwitterに活かせるかは不明。個人的には、アメリカはともかくミニブログてきなものは流行ったとしても、Twitterがこのまま日本で定着するのかはやや疑問。ヘビーな利用者にとっては、面白いのは確かなんだけど誰もが数百人フォローしたり、毎日数十回も投稿したりはしないので、日本に特化した別のサービスが案外普及するような気がする。

ちなみに

私はニンテンドーDSを初めて見たとき

  • 「いまどきゲームウォッチじゃないのだから流行らないだろ」
  • 「子供にタッチペン持たせたらすぐになくすよ」

などと思い、現在の全世界的な大ヒットをこれっぽっちも予想できなかったので、先見の明の無さは折り紙つきです。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20090509