Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20080104Fri

初詣の事件と言えば

初詣は比較的近代になってからの風習だよ → そう言えば弥彦神社事件というのがあったよな、あれって確か戦前だったかなぁ? → 昭和31年でした。


という連想で Wikipediea で探してみた結果

弥彦神社事件 (やひこじんじゃじけん)とは、1956年(昭和31年)1月1日午前零時過ぎ、新潟縣西蒲原郡弥彦村の弥彦神社の拝殿前で初詣客が、恒例の餅蒔きに殺到し、玉垣が崩れ、参拝客が将棋倒しになった事件である。

彌彦神社事件 - Wikipedia

弥彦神社で毎年行われていた恒例の餅蒔きに殺到した参拝客の重さにより、15段ある石段を登り切ったところにある玉垣が崩れ、支えを無くした参拝客が2メートルも落下した。

それに拠って参拝客が折り重なるように倒れ込み、死者124名、重軽傷者77名の大惨事となった。

初詣の事故としては、過去最多の死傷者を記録した。

彌彦神社事件 - Wikipedia

新潟県では、万代橋事件と並んで有名な事故で、記憶ではかなり昔だと(てっきり明治・大正くらいと)思っていたため初詣の習慣が定着した証左になるかな、と考えて調べてみたものの、そんなに古い話でもなかった。


ちなみに、万代橋事件とは →

萬代橋 - 万代橋事件 - Wikipedia

1948年8月23日、現在の「新潟まつり」の前身にあたる「川開き」の2日目、信濃川では花火大会が開かれ、萬代橋周辺も大いに賑わった。しかし午後8時55分頃、打ち上がり始めたスターマインを見ようと、観衆が一斉に下流側の欄干に殺到した。このため欄干が約40mに亘って落下、約100名の観衆が信濃川に転落して、死者11名、重軽傷者29名を出す大惨事となった(万代橋事件)。

この事故以降、新潟まつりでの花火大会の際には、萬代橋など信濃川の橋梁上で立ち止まっての見物は禁止されている。

萬代橋 - 万代橋事件 - Wikipedia
トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20080104