Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070823Thu

JR全線を無料で乗り降り自由にできるライフハック

国会議員になる

64ピクセルくらいから、アイコンを描くときに「ドット絵」なのか悩みます

Webで使う分には、色数制限なんてそんなに気にしなくていいわけで、ドット絵エディタの EDGE じゃなくても慣れてる Photoshop でいいんじゃね?っていうか、いっそもっと慣れてる Illustrator でもいいんじゃね?っていう

逆にどんなに大きい画像でも、結局はピクセル単位なんだから全て「ドット絵」じゃん、と言い張りたいこともあります

まぁベクター系は違うわけですが。

ちなみにベクター系?ドロー系?またはベクトル系?

ビットマップ画像や、それを扱うソフトの対義語として、IllustratorInkscape などのソフトやそれで作られた画像・SVGなどを総称する言葉があるじゃないですか?これって

  • ベクター系
  • ドロー系
  • ベクトル系

どう使われているのだろう?


または

  • ベクターソフト
  • ドローソフト
  • ベクトルソフト
  • ベクター画像
  • ドロー画像
  • ベクトル画像

っていう言い回しもあるわけですが。


個人的には「ドロー系」は子供の遊びである「泥棒と警察」略して「ドロケイ」*1に語感が似ていて混同しやすいのでため、「ベクター系」と使っています。例えば

「ドロケイやってる様子(の画像)をドローケイでやって欲しいのだけれど」

とかはややこしいですね。


逆に「~ソフト」という言い回しの場合「ベクターソフト」は、こっちの Vector で配信しているソフトの方を思い浮かべてしまうので、「ドローソフト」と言っています。

でかいドット絵を作れる技量がないというのもあるか

小さいアイコンだと、少ない色数でも見栄えがするものの、大きくなればなるほど質感の表現などが複雑になってきて難しい。というか、まだまだ私は大きいドット絵、で且つ色数が制限されたものを巧く作れないんだよな。

なので楽な Photoshop とかを使うと。

スーパーファミコン時代なんかを思い返すと、ピクセルサイズの大きさに関わらず、ドット絵はドット絵なわけで、そういうのが描けるようになると、認識が変わるのだろう。

それはお前の母親じゃない

宿題やったか

関東では電力需要が急激に伸びるほど、暑いらしいけれどもこちらは夜になるとかなり涼しい。こういう時期に夜の海を眺めて、肌寒いくらいの風で夏休みの終わりを感じるのが結構好きです。

*1:地域によっては「ケイドロ」かな?

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070823