Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070724Tue

いち閲覧者の意見ですが

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

livedoor Reader に650フィード以上登録している、ヘビーユーザー*1からすると、RSSフィードを配信していないブログはまず見ないことが多い。

ただ全文配信しているところは フィードリーダーだけで読んでしまうので、PV も増えないし、広告もクリックしないけれど、フィードを配信していないところだと、まぁ余程気に入らない限りは2度と見に行かないです。いや、気に入ったものは、はてなアンテナ a:id:sazen (サブアカウント)に登録*2してチェックはしていますが、それほど量は多くないです。


しかし

RSSを配信してるかどうかは、正直購読の基準には関係なくて、中身が面白ければ更新の度に見に行きます。

なので、例えテーブルレイアウトだろうが、広告がいくらあろうが、訪問するごとにウンコJWordをインストールさせられる日記サービスだろうが、MIDIをかき鳴らすウザいページだろうが、まして動画広告が入っててアホみたいに重くても、フォントが豆粒みたいに小くても、フルFlashサイトでも、MS Wordで作ったような頭抱えるほどのマークアップであっても、コンテンツが魅力的であるならば私は毎回見に行きます。


だから、RSSを配信するかどうかで悩む必要はないと思う。

idビームはどうか

非常に巧みな広告としてのらき☆すた

どこかで読んだけれど*3「らき☆すたは本編がCMみたいなものだから、動画共有サービスに載せられても特に困らない」みたいな意見が印象的だった。

まさに、今回はよく言えばコラボ、まぁ言ってしまえば宣伝だけれど、CD とか カセット の情報が番組内に入ったりしてる訳で、この作品ふところの深さを改めて感じた次第。


個人的には キミキスのWebラジオを毎週欠かさず、S-ラジ ラジワイド 集英組(金曜日の番組)は時々だけれど聴いているくらい、ゲーム・ドラマCD版*4の方のこなた役 広橋涼さん派*5なので心情的には、アニメで広橋さんの声じゃないのは残念な部分があるわけですが、ここまで、涼宮ハルヒの憂鬱を押すとなると、声優さんをゲーム・ドラマCD版と変更したのはもう納得せざるを得ないというか。

それがあざといとか、ファン心理で残念とか言う以前に、何より面白くアレンジしているので企画としてすげぇーなあ~、と素直に感心してしまいますね。今回で言えば、杉田店員がハルヒ関連の作品を持っていた、とかもあるんですが何と言っても、なんで14歳のスーパーアイドルが演歌なんだよ、と思ったら中の人が登場してバルサミコ酢ふいたわけで。


作品の雰囲気があるとは言え*6、ホント凄いなーという感想しかないな。

原作の方

原作は、まだ2巻まで。ちょうどアニメの時期と同じくらいの最終学年に進級した辺り。

アニメを見ていて気になったのが、原作では高校卒業後どうなったのか?ということ、現在でも連載は続いているみたいだし、高校生活がループする設定ではなくて、進級があるから人気作となったのけれど、今後どう話を進めるのかなー、というのが疑問だった。

今のところそこの疑問には分らず、まぁ、気になるものの誰かに教えて欲しいのではなくて(Wikipediaも見ないし)そのうち残りの3巻、4巻を買うのでそこら辺は楽しみにしておこうというところ。


で、現在の段階で予想しているのは

  • 主人公の交代

かなぁ。ちょうど、新入生のキャラクターが出てきたので、こなたたちはフェードアウトしてゆくことで、高校生活を描くというのは維持できる。まさかすごいよ!!マサルさんみたく留年策はないだろうし、かといって大学編になるか?というとどーかなー、とは思ったり。

すごいよ!!マサルさん 1 セクシーコマンドー外伝 (ジャンプコミックス)

すごいよ!!マサルさん 1 セクシーコマンドー外伝 (ジャンプコミックス)

らき☆すた (1) (単行本コミックス)

らき☆すた (1) (単行本コミックス)

[]私は奇跡の瞬間を期待過ぎる

スパムトラックバックとかスパムブログなんかは基本的に大嫌いで、いつも消す時に「スパム業者は残らず滅べばいいのに」と思ったりするのですが、しかし一方でプログラムがいい加減に作ったスパムブログの内容でも、いつか奇跡の名文を生み出すのではないだろうか、と考えてしまう自分がいます。

*1:でも、livedoor Reader の利用者水準から見れば中の下くらいだろうけれど

*2:更新期間が一定で且つ、特に気に入ったサイトならブラウザのブックマークに登録してます

*3:ソースはちょっと思い出せない

*4:ただ、どちらもまだ未プレイ・未視聴ですが

*5:もう1個付け足すと、同郷なのも親近感があったり

*6:今回この手法が好評だったとしても、涼宮ハルヒの憂鬱第2期で逆にらき☆すたネタをここまで入れることはできないでしょう

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070724