Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070721Sat

どちらかと言うと、魔王を討伐したあとの勇者たちの方が気になる

勇者を派遣した為政者からすれば、魔王の脅威はなくなったものの、世界の存亡をかけた戦いに勝利した上、さらに魔王をしのぐほどの脅威的な力を持っているわけで。

もっと言えば、国を治める立場でありながら外敵に対して有効な対策をとれなかった*1と批判を受けるだけなく、勇者たちは一方で世界中から惜しみない賞賛を浴びているはずなので、その民意を反映して勇者が政治の舞台に乗り込んで来た場合は相当困るだろう。


例えばいわゆる RPG ではないけれど、伝説のオウガバトルでは

伝説のオウガバトル PlayStation the Best

伝説のオウガバトル PlayStation the Best

バッドエンドの一つで、このストーリーにおける魔王ポジション……魔導師ラシュディ……を倒した主人公が今後の国政における禍根とならなぬよう、為政者であるトリスタン皇子一派に謀略されるものがある。


この点、ドラクエ1では竜王を倒した勇者はローラ姫を伴って国を出て新しい世界に旅立つ、というそれまでの枠組みから外れることを宣言したため、多くの混乱を起こさなかっただろうし、ドラクエ3における勇者もゾーマを倒したあと、アリアハンには帰れないことから結果的に国王の立場を危うくするものではなかった。


こうしたパターンであれば問題はなさそうだが*2、魔王を倒す力を持つ者は、そのまま魔王に成り代わることも可能であろうから、魔王がいなくなった世界でどう扱われるのか?については気になるところ。


仮にドラクエ3で、勇者たちがアリアハンに無事帰還でき、かつ国王の配下……つまりアリアハン軍に組み込まれた場合、世界における軍事的なバランスを大きく揺るがす自体になりそうな……。いや、新たに国を興しても良いんじゃね?とか。

*1:勇者を派遣した功績はあるかもだけれど、たった数百ゴールドの路銀とどうのつるぎを与えた程度でそれを評価はしないだろう

*2:ちなみに伝説のオウガバトルでもトゥルーエンドに当たるものでは、主人公たちがまだオレたちの戦いは終わっていないんだ、ばりに新たな国へ旅立っていく

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070721