Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070715Sun

非常時にはしゃぐのは分らんでもないけれど

どういう状況だったか分らないけれど、好奇心が強い子だったのだろうかなぁ。


森川さんのこのエピソードじゃないけれど

普段と違うような風景とか、周りの大人たちが忙しなく動いているのを見ると、ワクワクする気持ちは分る。私も小学生だったら、増水した川なんかは用事がなくても観に行ってどんなに酷いのか確認しただろうし、風がビュービュー吹く中むしろ笑いながら楽しんだりしただろうな。そういう気持ちも理解できなくもないので、余計にこういうニュースは胸が痛む。


あと

増水した川とかは本当に危ないので、注意。

前の水害のときにも、川ではないけれど用水路を見回りに行ったら、一面に水が溢れていてどこまでが用水路でどこまで地面があるのかサッパリ分からなくなっていて、本当に危なかった。あぁ、豪雨の時に水に流される人がいる、ということはこういう危険があるのか、とそのとき初めて理解できたというか。

まして川なんかは流れが急で、とても危ないのでふざけている場合ではなく、ご注意を。

そう言えば押すつもりもないのに、うっかりWeb拍手を押してしまって気まずい思いをしたことがある

「良かったらここをクリックしてね」とか書いてあるので、なんとなく押したらWeb拍手だったとか、あとブログランキングに投票がどうたらとか。

慣れてくると自然とスルーするけれど。

ブログランキングの類は参加したことがないので分らないのだが

どれくらいの効果があるのだろう?

妙なことは妙なときに

体調が悪かったり、調子が悪かったり、精神状態が悪かった時に限って妙なことを思いつく。

こんな電脳コイルグッズは嫌だ

電脳コイル アクセスガイドBOOK

電脳コイル アクセスガイドBOOK

  • メガビーが撃てる電脳メガネ……という名のゴーグルが発売される
  • メガビーで戦うFPSが発売される
  • メタタグという名の単なるお札シール
  • 暗号式が書ける!というキャッチコピーで普通のチョークを販売
  • 電脳クレヨンという名のエアクレヨン
  • 電脳メガネ(レンズなしでフレームのみ)
  • メタバグとしてガラス玉を販売
  • 追跡くんとしてロケット花火を販売
  • ついでにラムネも売ってる
  • 店員がメガばあにそっくり
  • カンナの日記帳という名のノートが販売されている
  • 普通の黒スプレーと釣り竿が電脳アイテムとして販売されている
  • 道順通りに行かないとお店にたどりつけない
  • 野球監督夫人の方のサッチーがお店にいる
  • 値段が冗談ではなくて万円単位
  • キュウちゃんはおばけの方のグッズが
  • レンガの壁も売っているが、もちろん本物なので持ち運ぶことができない
  • 鍵も売っているがどういう道具なのかはまだ誰も知らない
  • 鍵穴のシールも売ってる
  • リアルおやじ(48歳、バツイチ)がついてくる
電脳コイル 第1巻 限定版 [DVD]

電脳コイル 第1巻 限定版 [DVD]

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070715