Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070630Sat

ネットの情報って玉と石があると言われてるけれど

玉石混淆の石をダメなものと捨ててしまう人よりも、結果的に石になってしまったけれど書いた人の方を尊敬したい。

コンテンツの断片化

については、現状認識と将来の変化についての想像力が追いついていないので、ちょっとよく分らない。関連エントリーをブックマークしておいて、もうちょっと深く読み返して理解してみよう、というところ。


ただ自分に置き換えて考えると、画像の転載可をしているのは、そうした流れの一つかなー、とは思った。転載を不可にして、自分のところに囲ってしまうことでアクセスを集めるというのが多いだろうけれど、私の場合は知名度も認知度も影響力も少ないので、そうして固く守るよりかは、自由に使ってもらうことの方がメリットが大きい。

例えば、近藤さんの日記に私のイラストが載ったりしているわけで。

それによって、私のblogのアクセス数が伸びるわけでもなんでもないんだけれど。うーんと、せっかく描いた画像が誰にも見られないよりは、沢山使われた方がいいんじゃない、という発想。その際に私が描いたものかどうか、っていうのは必要な情報だとは考えてない*1*2

画像以外でも、

みたいなエントリーは、「私が書いたこと」には拘ってなくて、むしろ丸々パクってもっと詳しくまとめてくれないかなー、とも。


なんというかそこの部分は、自分のコンテンツを切り刻んでもらうのを望んでいるくらいなので、それを制御したり管理したいとは思わない。


けれど、コンテンツを切り刻んで消費されることになんでも賛成か、というとそうでもなく、それに向いたものはさておき、昨日も書いたけれど小耳症のことについてなど、「私」という立場や属性があるからこそ書けるものはあるし、そうじゃないと書けないものがある。

そういったものは、そもそも一つ一つの切り売りには向かないだろう。もちろん、それらも「rikuoの話」ではなく「とある障害者の体験談」として、切り取ることは出来る*3んだけれど、それには抵抗がある。

そこの拘りみたいなのは、どこから起因するかというと、えーっと、どうだろうなー、身体的な感覚なのでそこからの派生である体験談についても、なるべくコントロールしたいという欲求かなぁ。合理的な判断ではなくて、感情的な部分での拒否になるけれど。

たまに、エントリーを書いていても「これはダイアリーに書くより、はてな匿名ダイアリーに投稿した方が反響あるんじゃね?」と思ったりすることも多くて、あんまり「私」を出すことには一生懸命ではない。でも、生まれつきの障害のことについては、代替可能ではないし、身に刻まれた責任みたいのを感じるので、穏やかではいられない、という辺り。


そういった考えは、自分としてはあるものの全体的に見た場合、関連エントリーの議論にはまだまだ理解しきれないところがあって、もやもや。

っていうか、議論とは違う話になってるし。

*1:あってもいいし、なくてもいいという程度

*2:従来であれば、絵を人に見せる手段って限られていた訳だけど、今はそれを簡単にできるし、描いた背景やら描いた人間のこと、といった情報を切り落として使えるわけで。私のイラストがそう扱われることについては、それでいいと受けいれている。

*3:例としては、「障害者の体験談まとめサイト」みたいなところに、私のエントリーを転載されて載せられた、とか

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070630