Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070630Sat

ネットの情報って玉と石があると言われてるけれど

玉石混淆の石をダメなものと捨ててしまう人よりも、結果的に石になってしまったけれど書いた人の方を尊敬したい。

コンテンツの断片化

については、現状認識と将来の変化についての想像力が追いついていないので、ちょっとよく分らない。関連エントリーをブックマークしておいて、もうちょっと深く読み返して理解してみよう、というところ。


ただ自分に置き換えて考えると、画像の転載可をしているのは、そうした流れの一つかなー、とは思った。転載を不可にして、自分のところに囲ってしまうことでアクセスを集めるというのが多いだろうけれど、私の場合は知名度も認知度も影響力も少ないので、そうして固く守るよりかは、自由に使ってもらうことの方がメリットが大きい。

例えば、近藤さんの日記に私のイラストが載ったりしているわけで。

それによって、私のblogのアクセス数が伸びるわけでもなんでもないんだけれど。うーんと、せっかく描いた画像が誰にも見られないよりは、沢山使われた方がいいんじゃない、という発想。その際に私が描いたものかどうか、っていうのは必要な情報だとは考えてない*1*2

画像以外でも、

みたいなエントリーは、「私が書いたこと」には拘ってなくて、むしろ丸々パクってもっと詳しくまとめてくれないかなー、とも。


なんというかそこの部分は、自分のコンテンツを切り刻んでもらうのを望んでいるくらいなので、それを制御したり管理したいとは思わない。


けれど、コンテンツを切り刻んで消費されることになんでも賛成か、というとそうでもなく、それに向いたものはさておき、昨日も書いたけれど小耳症のことについてなど、「私」という立場や属性があるからこそ書けるものはあるし、そうじゃないと書けないものがある。

そういったものは、そもそも一つ一つの切り売りには向かないだろう。もちろん、それらも「rikuoの話」ではなく「とある障害者の体験談」として、切り取ることは出来る*3んだけれど、それには抵抗がある。

そこの拘りみたいなのは、どこから起因するかというと、えーっと、どうだろうなー、身体的な感覚なのでそこからの派生である体験談についても、なるべくコントロールしたいという欲求かなぁ。合理的な判断ではなくて、感情的な部分での拒否になるけれど。

たまに、エントリーを書いていても「これはダイアリーに書くより、はてな匿名ダイアリーに投稿した方が反響あるんじゃね?」と思ったりすることも多くて、あんまり「私」を出すことには一生懸命ではない。でも、生まれつきの障害のことについては、代替可能ではないし、身に刻まれた責任みたいのを感じるので、穏やかではいられない、という辺り。


そういった考えは、自分としてはあるものの全体的に見た場合、関連エントリーの議論にはまだまだ理解しきれないところがあって、もやもや。

っていうか、議論とは違う話になってるし。

*1:あってもいいし、なくてもいいという程度

*2:従来であれば、絵を人に見せる手段って限られていた訳だけど、今はそれを簡単にできるし、描いた背景やら描いた人間のこと、といった情報を切り落として使えるわけで。私のイラストがそう扱われることについては、それでいいと受けいれている。

*3:例としては、「障害者の体験談まとめサイト」みたいなところに、私のエントリーを転載されて載せられた、とか

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070630

20070629Fri

過去ログを読まなくなった

初めて見たblogを「面白いな今度から購読しよう」、と思っても最初の記事から読み返す、ということはほとんどしなくなった。

livedoor Reader に登録した場合、過去ログがいくつか表示されることがあるけれど、読むのはせいぜいそれくらいで、それ以上遡って読むことはまずない。でも、過去ログが2.3ヶ月くらいなら、読むかな。


翻って、自分のblogにしても、2004年3月から書いているわけで、そこまでから読まれることはほぼないだろう、というのは当然なわけで、あまり参照されない情報がずーっと残っていることになる。


ならば、ということで1年前の日記を紹介するとか、長年日記を使うとかっていう有効活用があるし、なにより過去ログを一番把握しているのは自分だから自分で紹介して、活性化をした方がいいだろう。

まぁそれにしても限度があるし、私はあんまり正確に憶えていなかったりするし。


もう一つのアプローチとしては、ソーシャルブックマークを利用して、過去の人気エントリーを提示する方法。これはオススメしやすいし、大まかな傾向が分かるだろう、とは思う。が、大雑把な部分でしかないし、ブックマークをされている・いないと文章の良さは必ずしも一致しないのでそれだけを価値基準にするのは、ちょっとどうよ、とは思う。


なんとなくまとまらないけれども、過去ログをどうにかしたいなー、という辺り。

具体的に言えば

はてなダイアリーを使い始めた当初は、毎日私の耳の障害である小耳症の事を書いていて、そこそこの分量はある。けれども、さすがにそれらを参照されることもなくなってきたので、どうしようかな、っていう。

ベストなのはそれらを再構成して(できればイラストを描き加えて)、新しいコンテンツにまとめる、というものかな。うーんと、このはてなグループを利用し始めたのも、グループキーワードを使って、そうした情報などをまとめる予定だったんだけれども……。すっかり後回しに。おいおい手をつけようかなー、など初心を思い返している今日この頃。

なんというか

私のネットでの情報発信の根っこは、

  • 小耳症というこんな耳のことを知ってもらう
  • 小耳症の人たちに(特に中高生くらいに)こんな人間もいるというのを知ってもらう

という辺りなんで、それを見失ってはいけないな、とも。

いや正直なところ最近忘れがちなんですが。

まず、小耳症っていうものを知らない人がほとんどだろうし*1そこを少しでも変えられたら、というのが1点。「中高生くらいに」っていうのは、自分自身が最も悩んでいたのがその時期なので。当時は自分の耳が「小耳症」という名前の先天性形成不良である、ということも知らなかったし、なにせ、珍しい障害なので情報が少ないし、普段道端でばったり同じ耳に出会うこともないし。

ただ今はインターネットがあるので、検索で私のサイトとか他のところを見て、「あぁ、自分だけがこんな耳なんじゃないんだなー」と思ってくれればそれでいいというか。おっさんになってしまった、私なんかは耳なんてどうでもいいがな、くらい割り切れてしまうけど、10代のころは割と思い悩むことも多かったので、現役でそこら辺に立ってる人たちの手助けがちょっとでもできればなー、なんて。


実際、そういった高校生の人からメールをいただいたときには、サイトを続けていて良かったなと思ったし、そういう気持ちで今もやってる。


けどそうは言っても、読み難いし過去ログなんて埋もれてしまうので、どうにかまとめようかな、と上の話に戻り、大変だなー面倒だなーって思考停止してる ← 今ここ。

いや、問題意識はあるんですけどね、意識だけは。行動が伴わないので。

っていうのと断線するけれど

ソーシャルブックマークやらニュースサイト受けするエントリーという点では、過去ログに依存しないその一つのエントリーを読むだけで済む内容の方が受け入れやすいと思った。

別の言い方をすれば一見さんにも分かりやすく書く必要がある。

*1:看護婦だった母親も私を生むまで知らなかったほど珍しい障害なので、認知度が低いのは当然なのですが

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070629

20070628Thu

はてなユーザーID32文字まで

なんかいくつかの GreasemonkeyBookmarklet を書き換える必要があるような気も(気がするだけで確認はしてない)。まァそれはさておき、もう一つのサブアカウントがあまってるので、この機会に取得したいな。でも短い方が憶えやすいしいいんだけれど、うーん、32文字かー。適当なのが思いつかない。

ただ

今回のユーザー登録システムのリニューアルは今後のサービスの国際化や、登録時に必要な個人情報を最低限の項目に減らすことを目的として行います。

機能変更、お知らせなど - はてなの日記 - ユーザー登録システム刷新に伴うメンテナンスとプライバシーポリシーの改定について

というのは分るんだけれど、自分自身、前に アバウトミー を利用しようとしたとき既に「rikuo」とかそれにイニシャルをつけたようなidも含めて登録済みで、その時点でちょっと参加する気が萎えたので、なんとか工夫してもらいたいところ。既に十分ユーザー数があるところだと、アカウントが取得し難い。

と言っても、海外ユーザーは別のアカウントでも OK っていう仕組みじゃ、余計に面倒だとは思うし、いい代替アイデアはないんだけど、最初につまづくと結構やる気が削がれる、ということで。

Twitterみたいな新興サービスの場合、いつも使ってるハンドルネームでさっくりと取得できる、っていうのはかなり気楽だったし。

別にはてなに限らず、長いサービスでは同じような問題があるだろうし、そこら辺り登録時のストレスを軽減させるいい手法はないだろうかなぁ。

Yahoo!(Japanじゃない方)の場合

Yahoo!の場合はそこは凝っていて、名前を入力するとそれに応じた ID を提示する仕組みがある。

まぁ、こういう対応もとても有効なわけだけれど、もうちょっと違うアイデアはないものかな、と思ったり。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070628

20070627Wed

そういや

新潟県民にしか分らない話だけれど。


割と驚かれるのが「イタリアンを食べことがない」ということ。

これを告白すると、新潟では非国民みたいな扱いを受けることが多くて、それほど、ポピュラーな食べ物らしい(食べたことないから、そこら辺の事情は詳しくない)。

参考

ちなみにイタリアンにも2種類あって、「みかづき」と「フレンド」の2大ブランドが血みどろの抗争を繰り広げいるとかいないとか。基本的に新潟市近辺が「みかづき」の領土で、「フレンド」は長岡(中越地域)辺りのを版図に収めている。私が住んでいるのはちょうど真ん中くらいで、どちらも食べられる恵まれた環境ではあるんだけど、未体験。

別に食わず嫌いでもないものの、親がどうやら苦手らしくて小さい頃から縁遠かったせいか、なんとなく。

久しぶりにニュースサイト砲を受けると驚く。ちなみにこっちの日記は 先月のユニーク で1800だぜ。

ワイドショーで見る同級生

あれを見ると、同級生がどんなすごいことをやらかしても安易にテレビの前で語らないでおこう、などと思うのだけれど、犯罪とかその類で世間から糾弾されていた場合は、擁護する意味でも語る人もいるのだろうなぁ。でも、メディアがそれを編集するかもしれない、けど。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070627

20070626Tue

[]続き

比率はこれくらいかな。……少し胴が長めな気がする。

[]ブログの中心で独り

何になるかはまだ分らないけれど、ブログの先にあるツールをみんな使うようになるとして。ホームページ時代 → ブログ時代のように、みんなが新しいツールに夢中になって、ブログ世界から人がどんどん少なくなっていっても、スパムだけは淡々と更新されていくんだろうなぁ。


そのときの、ヴィジュアルてきなイメージとしては、(スパムではないけど)はてなわんわんワールドで無人の犬小屋の中、独り時報を伝え続けるロボ犬のような印象。

[]終末のスパム

と、そうなった時にほとんどが稼動しているスパムブログか、稼動していないスパムブログなって、エントリーのコピペも繰り返されるわけで。

しかし、リンクとトラックバックだけは濃密に行われて、ブログサービス提供会社に負荷を掛け続ける。


[]蠱毒

ただ、ブログ時代の名エントリーをコピペし続ける、というか淘汰されていったコピペはちょっと見てみたいかもな。

テレビの終末

上のエントリーを書いてて、連想したのだけれど、個人的にはテレビが主流じゃなくなり、他のメディアに喰われてしまっているころの広告を見てみたいとも思った。

ネットがその対抗馬か、もっと新しいものがあるかは分らないし、そうだとしてもまだまだ数十年先の話だろうけど。

[]メガビー

デンスケはともかく、最初はイサコを描こうとしたものの、難しいので断念。はてなちゃんの場合は、描きやすいというよりかは、デフォルメに慣れている(私が)っていう。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070626

20070625Mon

[][]どっちが小さい?

泉こなた小神あきら

泉こなた小神あきら

アニメしか見てなくて、原作もゲームもまだ触れてないので、この2人の身長差が分らなかった。どちらが小さいのだろう?

一応14歳ということで、小神あきらさんの方を小さくしたけど。


ちなみに白石さんは一番最後に作って、一番手間がかかってないです。

[][]と

上のエントリーを書いたところで、あきらさんの瞳の色を間違えてたことに気がつき修正。

泉こなた小神あきら - 修正前小神あきら - 修正後

見ての通り、顔は流用して使ってました。

フィードリーダーが速くなっても

読む方の調子が上がらないと、未読フィードが消化できない罠。


で、

未読フィードが溜まり過ぎて読めなくなってきたら、全消し(全て読んだことにする)にしてスッキリさせてます。

梅雨も飛ばしていいから

毎年この時期になると、夏は3.4日くらいあればいいから早く冬にならないかなと待ち遠しくなる。

かわいいもの好きなので

今週のジャンプで今最も熱い(主に私の中で)マンガの話。

P2

江尻立真さんはあいかわらず、かわいいキャラを描くのが巧い。今回もチョイ役みたいな一発キャラがいちいち素敵だなぁ。頭身低めのキャラから、卓球場のお姉さんまで、魅力的。

ストーリーとしては、今回からレギュラーを外された補欠組の今後の奮闘が気になるところ。マンガとしては、解説役・驚き役*1に周りそうでそれなりにおいしい位置なんだろうけど、このままやさぐれるんじゃなくて失地回復の機会を期待したい。あとユニフォームを最後に着るっていう演出は分るけど、実際は試合直前の練習で慣れも兼ねて、着たりするよね。

サムライうさぎ

やまねこ道場はやっぱりネコがいるのね。

でもって、気になるのは毎回扉絵で出てくる、変なウサギたち。てっきり第一話のみあんな変なお面が出るのかと思いきや、プッシュするなぁあのウサギ。絶妙にかわいくないのだけど、段々と愛しくなってくるのがさすがだ。

展開としてはバトル物になっているものの、重要なところでは志乃が活躍するし、当初からの扱ってる侍としての在り方との葛藤は軸に置いてあるのが好感が持てる。

来週以降は試合がメインになるだろうけど、そこら辺りに注目したい。

P2! ―let's Play Pingpong!― 1 (ジャンプコミックス)

P2! ―let's Play Pingpong!― 1 (ジャンプコミックス)

どちらも来月新刊が出る。

P2! ―let's Play Pingpong!― 3 (ジャンプコミックス)

P2! ―let's Play Pingpong!― 3 (ジャンプコミックス)

サムライうさぎ 1 (ジャンプコミックス)

サムライうさぎ 1 (ジャンプコミックス)

デネブ

気になったキーワード「デネブ」

確か先週も「デネブ」が注目エントリーに上がってて、なんで?と思った。私にとって「デネブ」と言えば、オウガシリーズの魔女「デネブ」だったので。

調べてみると、どうやら電王にそういうキャラがいるらしい。

*1:山雀はともかく、梟宇はリアクションが薄そうだし

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070625

20070623Sat

Yahoo!ニュースで個人のブログにリンク

こうした例は初めて見たので、メモ。

Yahoo!ニュース - 鉄道事故魚拓

今回のようなケースは対象者が多い上に、ブログに書く人もいるだろうから、有効な手法だろうな。

[]途中経過

以前に描いた

これ(+はてなちゃん)のそれぞれ32ピクセルアイコン版を作り中

というわけで、まだスケッチ段階ですが。


今は一つの画像だけど、あとでちゃんと別に分ける予定。

で、ここまで描いて、やっぱり大きさの比率は合わせないとなー、と気がつく。ある程度は仕方ないとは言え、特にしなもんでか過ぎだ。「モロの君」じゃないんだから。でも小さくすると、表情が作れないので、口惜しいから、アップしてみた。

あと2個

でもって、これらを作ったら、アイコンとしてもそうだけど、数字を追加してはてなカウンターに投稿しようかな、という予定。

ただ、

  1. いるか
  2. ビデオキ
  3. のっかりカメ
  4. はまぞう
  5. はてなちゃん
  6. しなもん
  7. あしか
  8. いわし

(順不同)

と、10個の数字にはまだ足りない。

「ほたて」「はまち」も一応あるものの、さすがにマニアック過ぎだし。「はてぶう」「ホッテン鳥」はどうか。うーん。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070623

20070622Fri

ホームページに必要なもの

私がネットを始めた頃に読んだ初心者向けのホームページの解説本で、印象深いのが「ホームページに必要な4つのもの」というやつ。それは

  1. コンテンツ
  2. プロフィール
  3. メールアドレス
  4. リンク

以下うろ憶えながらそれぞれ解説すると。

コンテンツ

まず最も重要なのが内容。中身のないページなど無意味で、日記でもポエムでも写真でもいいので、中身から作ること。その上でページの見栄えやらを考えるべき

プロフィール

インターネットでは、書いている人が男性か女性か、何歳くらいかは全く分らない上、さらに言えばどこの国に住んでいるかすらも判別できないので、それらについて説明が必要。

メールアドレス

インターネットのメリットとしては、閲覧者からのフィードバックが得られることで、それらの情報を受け取るにはメールアドレスを出すべき

リンク

自分のページが袋小路ではせっかくホームページに来てくれた閲覧者を止めてしまう。誘導するページを用意して、リンクを張るべきだ


といった内容で、要するにそれくらいやっておけば、ホームページを作ったことになるよ、というようなものだった。

ホームページも死語になり、ブログ時代になった今でも私は、それぞれ納得する部分があり、コンテンツについてはその通りで、中身が何もないものについては意味が見出せない*1し、プロフィールについてはどの程度の情報を明らかにするかは個々の判断だけれど、せめてハンドルネーム・名前くらいは明示するべきと考えている。

メールアドレスについては、スパムメールが増えてきたのと、メール以外にも掲示板やメールフォーム、Web拍手、IM、Skype、ブログならコメント欄、トラックバックなどなど色々なツールがあるので、「連絡が取れる手段を用意しておくこと」という程度の認識。


ここら辺りは、状況は変わって使われるツールなども変化しても、根っことなる考え方はこの文章に影響されたままでいる。


ただ、リンク、……いわゆるリンク集みたいなページってあんまり用意しなくなったなー、っていう。

ネットの袋小路にしないでリンクするべき、という上の文章は、これを書いた人のポリシーみたいなものを感じて共感できるものの、ホームページ時代の日記と違って、ブログのエントリーなんかでは、かなり頻繁にリンクを張って記事を書くので、わざわざリンク集てきなものを作る必要性を感じなくなった。

うそこメーカー

コアラ怖い

イミフwwwうはwwwwおkwwww 人間の握力弱すぎワロタwwwwwwwww

これを見た後で、コアラの写真を見るとウケる。

握力についてはホントかな?と思うけど。


交尾器は有袋類の独特な形状をしており、途中から二股に分かれてY字型をしていて亀頭が二つある。 これはメスの膣内がY字に分かれていて、真ん中を産道が通っているためである。

コアラ - Wikipedia

母親は盲腸内でユーカリを半消化状態にすることで「パップ」という離乳食を作る。子供は母親の肛門から「パップ」を直接食べる。子供は「パップ」によってユーカリの葉を消化するための酵素を得、一生涯にわたり、同じ葉を食べ続けるようになる。

コアラ - Wikipedia

コアラの色々ネタ。

*1:SNSのように、ユーザー間のコミュニケーションが主眼の場合は、違うだろうが

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070622

20070621Thu

シャーペンは分らない

日刊スレッドガイド : 至高のシャーペン 究極のシャーペン

ボールペンは割と好きで、色々な種類のを買ったりしているのだけれど、シャーペンはあんまり分らない。それと、ボールペンの場合使い切ったら*1新しいのに変えられるけれども、シャーペンの場合は商品寿命が長いので、それほど買い換えないのもあって、未開拓。

なので、参考にしてみよう。

で、よく使っているのはボールペンでもなく

最近ちょっとした落描きとか、走り書きなんかに重宝しているのはシャーペンでも、ボールペンでもなくサインペン

ミツビシ プロッキー・細字8色セット PM120T8C

ミツビシ プロッキー・細字8色セット PM120T8C

商品ラインナップ > サインペン > プロッキー - 三菱鉛筆株式会社

の特に赤をよく使ってる。裏うつりしないというのもメリットだし、サインペンの割に細身で携帯しやすいこと、また書き味がいいのがお気に入りポイント。

もちろん、ちゃんと描くには向かないものの、さっくりと落描きするにはこれで十分。以前はボールペンとかでもなるべく細い線が描けるものが好きだったのに、最近は筆圧が弱くてもサラサラと書ける方が好きなので、ボールペンでも太めのものとかが好み。その延長でサインペンに手を出している、という流れ。


ただ、細いボールペンも未だに好きは好きなので、よく使っているけれど。

好きなのは、HI-TEC-C の0.3mmのもの。それ以上細いのもありますが、ちょっと書き味に不満があるのであまり使わない。でもって、一番好きだったのは HI-TEC-C Knock-S

HI-TEC-C Knock-S (ハイテックCノック・スリム&ショート) - 関心空間

……なのだけれど、これは PILOT のページでは探せず、あれー?もう製造中止になったのかな……。あとで確認しよう……。リアルでショックだ……。

今のところまだ替え芯が残っているからいいけれど……。


太目のボールペンではこちらの

PILOT | G-3

1.0mmの書き味が好きです。

携帯用としては

財布にもペンポッドをつけてます。

3色ボールペンとかは苦手

ペンの軸が太いと書き難いので、一定以上太いのはNG。なので、3色ボールペンとかは持ってない。

*1:気に入った場合は替え芯を買うけど

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070621

20070620Wed

らくがき

はてなブックマークの議論

私も当時からのユーザーじゃないので、確かそんな感じじゃなかったっけかなぁ、という程度ですが、はてなアンテナもサービスリリース当初は色々と反発があったらしいようで。


更新状況がチェックできる、っていうのは閲覧者には便利でも、ホームページ管理者にとっては目先のアクセス数が減る訳でそこら辺で反感を買っていたような憶えが。で、それを理由に閉鎖するところもあったとか(うろ憶え)。

でも、今では「はてなアンテナに追加」みたいなアイコンを設置されてたりして、それが当たり前になってる。


はてなブックマークももうしばらくしたら、あるのが当たり前のものになってくるんじゃないかなと、楽観視してたり。

ユーザー数の問題

これが今の2~3倍くらいになったらもっと違う問題が出てくる、っていう予想。

はてなブックマーク以外のソーシャルブックマーク

やれ偏ってるだの、ネットイナゴだの言われるはてなブックマークなので、早々に後発のソーシャルブックマークに追い抜かれるんじゃないか、とは個人的に思っていたけれど、そうでもないのね。


はてなダイアリーもブログ黎明期にはトップを走ってたけれど、今じゃ後発に抜かれているので、その二の舞になるとばかり予想してた。が、ソーシャル系のサービスは一旦首位になると、簡単に崩れ難いのか、国内で他のソーシャルブックマークが代替になる、っていうのはあんまり分らないな。

まぁ、私自身がそれほど、他のソーシャルブックマークに手を出してない、というのもあるけれど。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070620

20070619Tue

口を開くと呪いの言葉しか出てきそうにない

ので

最近見かけるようになった野良猫と、若いツバメのまだまだ不慣れな飛び方などを見て心を静める。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070619

20070618Mon

プロネットイナゴ

ネットイナゴ老師

イナゴじゃないバッタだ!

ピュアネットイナゴとメタネットイナゴ

週間ネットイナゴ

ネットイナゴ採り名人にコツを伝授してもらう

俺もネットイナゴ、お前もネットイナゴ

ネットイナゴ一年生

まずは半年間プライベートブクマでもしてろ

まずは半年間GIGAZINEとギズモードとPOP*POPでもブックマークしてろ

ただネットイナゴ言いたいだけじゃないのか?

ネットイナゴが来襲するかも?って身構えてて、誰も来なかったときの方が寂しくね?

世の中にネットイナゴなどいない、ただのブックマーカーがいるだけだ

ネットイナゴ世代

ネットイナゴ適齢期

ネットイナゴの主張

というか、はてなブックマークでのコメントは「ネットイナゴ」ではないんだよなぁ。

あとフィードリーダーで読んでる方には迷惑なエントリーに。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070618

20070617Sun

思春期の終わり

深夜にやってる映画を見て「もしかしたらエロい展開になるかも?」ってドキドキしなくなったら

ネットイナゴって「珍走団」みたいな、かっこ悪く言い換えるてきな意図もなかったっけ

と思ってたけれど、ソースが見つからず。脳内妄想だったかしら。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070617

20070616Sat

っていうか、はてなブックマークの本が出るほどキャズム超えしてないよなぁ

そろそろ企画されてもいいんじゃないか、っていう気もするけれど。

サイト始めたころ1日8PVくらいの時期が長いので

見てもらってるだけでも有り難いと思ってるのだけれど、アルファブロガーになると違う気持ちなのか、と。

辺境っぷり

ちなみに、このグループ日記のアクセス数は1日10~20PVくらいもざらです。

favicon

グループの場合は、個別の日記に faviconを設定できないので、必要ないけれど一応作ってみた。


おまけで全身図。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070616

20070615Fri

[]レイアウト変更

本当ははて袋の方で『しなもん=会長』のまとめエントリーをアップすると同時に、レイアウトをこれに変える予定だったのだけれど、どうもうまく書けないのでとりあえずレイアウトだけでも。

基本的に自分用だから、かな~り使い難い。っていうか、グループ用に作ると編集ページでの見た目も考慮しないといけないよなぁ。私は別に管理ページを誰に見せるわけじゃないので*1、いい加減でもいいやって思っちゃうけれど。

あと、ヘッダ画像は拾いモノをはめこみ画像でいじったヤツ。自分で描いたわけではないので、GPLで公開デザインはアウトなため(いや、もちろんこうやって自分で使うのもアウトですが)、公開デザインに乗せる予定は無し。

まだ、色々と崩れるようなので、適宜修正を加えるつもり。

追記

そうそう、今回も hatena2シリーズをベーステーマに利用しています。細かい調整なんかは、ベーステーマに投げてしまうと実作業が楽になるかなー、と思ってお試し中。慣れてくると多分便利なのかも。

ただ、自分用のベーステーマを用意して方が良いような気も……。


[]「個」の観測

今回はあくまで、書き手から見た受け手の観測のこと。

これを第3者Cの視点から見ると、霧の中から「個」のBを観測されるわけだけれど(メールやWeb拍手ではなくて、ソーシャルブックマークなどの場合)、そこから先の「場」の概念はうまく視覚化できてない。

私のイメージとしては、書き手が複数の場合と観測者の存在によって、「場」が生じるのだろうとは漠然と思っているのだけれども……。もうちょっとはっきりした比喩が思いつけば書くかも。

[]あと

いつの間にか「個」の話よりかは、ソーシャルブックマーク礼賛みたいに。あとタイミング的にはてなブックマーク擁護みたいになってしまったなぁ。

イナゴも住めないところは老いて滅ぶだけだと思うのだけれどなー

池田信夫 blog はてなの逆淘汰

えーっと、質の高いエントリーばかりが量産され、なお且つブックマークされ続け、池田氏のブログが見向きもされない未来を希望してやみません。

個人的には

ユーザー数がもっと増えていくと、いま目の前にある問題よりも、もっと大きな問題*2を抱えるような予感。


……なのだけれど、ブログ黎明期みたいにあっという間にネコも杓子もソーシャルブックマーク、といった具合にならないのはまだキャズム超えしてないのか、そもそもそれほど利用者層って大きくないのか、と思ったり。

勘違いしてたこと

はてなアメリカ進出のときに、てっきりはてなの既存のサービスを英語化するのだと思ったこと。

そうなると、はてなダイアリーキーワードの「ふりがな」ってどう英語化するのだろうなぁ

などと無用な心配をしていた。

*1:いざとなったらスタイルシート切ればいいし

*2:diggみたいな

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070615

20070614Thu

それ食材

ここは露天ペットショップなのかな?と思いきや、食材として売ってた

てきな、ギャップのあるネタは何が適切だろうか。一般的に愛玩動物と考えられているものとかがまぁ、一つはあるけれど、え?それ喰えるの?という感じで。


穏当なネタとしては「かきのもと」かな。

ここは八百屋なのになんで花を売っているのだろう?と思ったら食材だった

という小話はありそう。

新潟では、菊の花を食べるので(食用菊の品種名が「かきのもと」)そうしたギャップは作れる。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070614

20070613Wed

らき☆すたのOPでチアガールの過半数がまた登場してないことが気になって原作本を買おうとしたら

1巻だけ売り切れだった。ぎゃふん。

しかし、チアガールの人たちはどういう人で、いつになったら登場するのだろうか*1。あと「らっきー☆ちゃんねる」もどういう扱いなのか、分らんなぁ、というところ。


白石さんはアニメ版の特別キャラだし、確かゲームでも新キャラがいるそうな。なんか全部理解するのは難しそうだな。

*1:運動会の場面では出てたらしいけれど

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070613

20070612Tue

画像のリンク

エントリー中に画像が表示されていて、それにリンクがある、とする。クリックすると大きな画像になるならともかく、等倍表示なら意味ないんじゃない?と思ったり。

なのだけれども、はてなフォトライフにあるものだと「お気に入り」機能があるので、必ずしも無意味とまでは言えない。……のでリンクしたりしなかったり、で、今のところ明確な方針を決られずにいる。大抵はそのときの気分。

フォトライフでも

プライベートのフォルダに投稿した画像ならリンクしても無駄足にしかならないので、それは除外しているけれど。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070612

20070611Mon

アマチュア無線とネットコミュニケーションの類似性

アマチュア無線を使っていた、叔父の話を聴くと今でいうところのネットでの関係性に近いような感覚があったみたいだけれど*1、その類似性に着目した考察はあるのかなー。

遠距離恋愛の少年少女が電話代をケチるためにアマチュア無線で代替する、っていうのはあったのだろうか

どれくらいの距離まで、大丈夫か?とか料金体系なんかも全然分らないけれど、確か電話料金よりは安上がりだろうし。

もちろん、誰が聞いているか分らないから*2話せる内容も気をつけなければいけないけれども、雑談程度なら結構使えるんじゃないかと。

他のブログ

小粋空間: feed meter「ランキング Top 300」で一番多く使われているブログは何か?

はてなダイアリーのフィード登録数が多い。ブログ利用者数でいうと、他のブログサービスの方がずっと多いのに。

利用者層が重なるのか、例えば Yahoo!ブログユーザーはフィードリーダーなんて使わないのかなぁ。

*1:私自身は免許もないので、詳しい事は分らないんですけど。

*2:誰かが周波数を合わせているかもしれないよね?

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070611

20070609Sat

共有テンプレート User Template File(utf) - JUGEM

http://jugem.jp/utf/

色やカラム別などでも絞込みができる。

ランダムはいるかなー。投稿数がある程度以上増えると必要なのかも。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070609

20070608Fri

公開デザインの色違い

私は自分で色違いを提供するのが面倒なので、作りたい人はどんどん改変してバリエーション増やしてくれると楽だなー、と思ってます。

色と意味

例えば今ダイアリー使ってる、layout:rikuo:d:buried なんかはコンセプトとして黒背景にしている訳ですが、いやあれは臙脂色とかの方がしっくりくるよ、っていう提案もありだとは思うので。

というか

色に対する好みっていうのは、無限にあるのでもっとこんな色がイイ!っていう要望に対応するのは大変ですから、それなら個人個人で好きなように変えられれば素敵やん?って。

サイドバーのモジュール変更したくらいで公開デザイン登録

っていうのは、意味があるとは思えないけれども、配色を変えて発表するのはアリだと考えてるわけで。

もし、オリジナルのものより、色違いの方が人気になったり、好評だったりしたら、そりゃぁ枕を涙で濡らしたりはするでしょうが、それは自分のセンスの無さを実感するだけで、作った人に対してどうこうっていうものでもないので。

むしろ、もっといいの作ってやるゼ!てきな、やる気を奮起させるだろうから、私は歓迎する方針。


なんて言っても、GPLですし、じゃなきゃ何のために Illustratorのデータを公開しているか、っていう。

あと

公開デザインの半分くらいでいいんで、はてなカウンターのユーザーアップロード画像のことも思い出してあげてください

http://counter.hatena.ne.jp/imagelist

手順の最適化

最近つまづくのが、無駄な動作

例えば、「コーヒーを飲みたい」「読んでいた本を棚に片付ける」を同時に思った場合

  1. お湯を沸かす
  2. 本を棚に収める
  3. コーヒーを作る

が無駄な時間を作らずに済むが、本を片付けてからお湯を沸かしたりする。で、お湯が沸くのを待っている間「あー、手順を間違えたー」と思ったりする。

頭ではより効率的な手順があるのだ、と分っているものの咄嗟に行う動作がどうもそれとマッチしないんだよな。

物忘れが多いとか、うっかりミスの多発みたいな、加齢による注意力の散漫なのだろうか。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070608

20070606Wed

映画制作後のお仕事

時かけブログを見てると

時をかける少女 - 公式ブログ

あれだけ、好評な映画だと映画制作後も色々と受賞があったり、映画祭に出品したりとイベントが多いのだなぁ、という印象。確か当初は7月に映画公開して、昨年中にDVD発売なんていう予定だった、というのもどこかで見た憶えがあるけれど、実際にはDVD発売の4月20日まで続いたロングランなので、すごいというか。


最近だと、映画雑誌やファッション雑誌の表紙に松本さんを見かけるようになったり、随分前の話だと、哀川翔さんはゼブラーマンのときに相当テレビ番組・ラジオ・雑誌を行脚したそうだし。

ブログにせっかく長文を書いたのに、消えてしまって(以下略)って

はてなダイアリーライターを使ってるせいか、ほとんど経験がないので正直よく分らない。別にはてダラを使わなくてもいいけれど、テキストエディタで書いた方が楽じゃないだろうか?と思う。

入力フォームだと、まァ多少は支援機能があるものの、エディタの方がずっと高機能だし。


トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070606

20070605Tue

新規収録か……

ひだまりラジオ特別編~いぇすっ!アスミス!!~ - Lantis web site

CD化にあたっては全て新規収録!

新規収録はそれはそれでいいのだけれど、以前に放送した分も好きなのでそちらも収録して欲しかった。阿澄佳奈さんの自由っぷりというか、腹黒さみたいなのが、すごく素敵だったので。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070605

20070601Fri

説明エントリーの文章がどんどん長くなる

簡潔で分りやすい文章がいいのだろうけれど、難しい。

今回の livedoor Reader については画像を使って、なるべく文字だけの圧迫感を緩和させてみたものの、ピン機能やキーボードショートカットについて一言も触れてないし。

環境晒し

他のソフトやOSの設定など、自分がどう使っているのか?という辺りのエントリーは興味深いし、個人的にも関心がある。

理由の一つはなかなか他人の使う様子が分らない、ということと、もっと便利な使い方があるのではないか?という関心があるから。

なんというか、コンピューターはどんどん高性能になっているんだけれど、まだまだ思うようにいかない事の方が多いので、巧く使いこなしていきたいなー、というところ。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070601