Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070531Thu

不快にならない社会に

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <セコム>テレビCMの内容変更へ 人の猛獣変身に不快感

不快にさせたとして、CMが自粛になったそうで。

ちょっとその映像は見てないので、なんとも言えないのだけれど、この勢いで世の中からどんどん不快なものがなくなったらさぞかし素敵な世の中になるんでしょうなぁ。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070531

20070528Mon

[]Twitterは一言ネタに使ってる、という話

個人的には「今何してる?」を真っ正直に書くのに抵抗があるので、何をしているか?よりは何を考えているか、をアウトプットしているという感じ。

けれど一応、他人の目に触れる空間ですから、多少は楽しませたいっていう風に思うわけで。

なので、「ふかわ口調で」とか「Twitterお前が言うな」なんかを書いてみたり。Twitterはどうしても文字数と表現*1に制約があるので、色々と工夫が必要になってくる。

で、取り早いのは「ふかわ口調」みたいな、パロディのもの。

ネタの背景なんかは既存のフォーマットに落し込めれば、少ない文字列でも雰囲気が伝わりやすい。「ふかわ口調で」と付けておくだけで、あぁ「あの一言ネタの形式か」と理解されるし、その形態に沿えばネタも作りやすいし。

ブログのエントリーにしたときには、もうちょっと間口を広くして画像を使用するな、ど媒体に応じて表現を変えてみる、という試みもしてみた。

今回は、2ちゃんねるのコピペであった美容師とのやりとりネタが下敷きで、前回とは違ったアプローチだけれども方法論としては共通。ただ、Twitter のサービスからネタ振りでは、思った以上に私の引き出しが少なかった。機能そのものがシンプルなのと、どうしても不具合・ネコの写真関連のネタが被ってしまったので、失敗。なので方向を修正して、はてなに。こちらはサービスが多いので、ツッコミがしやすかった*2


こんな感じで、Twitterには一言ネタで投稿する、という形式が今のところパターン化してる。

私としては大喜利っぽいこの方法が合っているようで、やりやすい部分はあるのだけれど、もうこの方式は限りが見えるので、違う軸で考えないとなー、というところ。


いや、別に普通にダラダラと書いたりもしているんですけれどもね。

っていうのは、ついったー部に入って書けばいいのかもしれないなー

でもこれ以上グループ増やすと面倒、っていう気持ちも。

マリオペイントのスゴイ人

http://www.youtube.com/profile?user=grommbert

でも、できれば描く過程も公開して欲しかった。

そーなんだ

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <スタッドレス>死亡の4割が積雪ない時期の使用 道警調べ

時速80キロでぬれた路面を走った場合の制動距離は、夏タイヤの41.2メートルに対しスタッドレスは52.7メートルと12メートル近く長かった。スタッドレスは夏タイヤよりゴム質が軟らかいうえ、溝の幅が広いため接地面が少なく、ブレーキがかかりにくいことが実証された。

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <スタッドレス>死亡の4割が積雪ない時期の使用 道警調べ

ネコの機嫌が悪いのか

Twitterが重い。

*1:例えばフォント弄りや改行ができないなど

*2:ただTwitterユーザー = はてな利用者ではないため、Twitterに投稿せずエントリーにまとめることにした

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070528

20070527Sun

ネガティブ発言だけなら108式まで

たこ焼きの国

という表現を見た。なるほど、分りやすい。

  • うどんの国

なるほど。

じゃあ新潟は、

  • お米の国

アメリカ?

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070527

20070526Sat

[]長年日記

リンクの調整やモジュールなんかは今後整備されてゆくだろうから、それまでは様子見。

ただ、自分のダイアリーでいくつか試してみたところ、思いのほか何も書いていない日がなくて、むしろショック。ここのところは更新頻度が落ちているので、そんなに真面目に書いていないだろう、と思っていたのだけれども、現在まで684日分更新してるだけあって、かなりあるな。

デザフェス

最後に出展したのは第何回だっけかな、また機会があれば出したい。

必死に戦ってたキアヌ・リーブスに申し訳ないのですが

むしろ積極的に、人間発電機に成り下がりたいと思ったりしませんか。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070526

20070525Fri

なんとなく思いついたセリフ

代りに死んどいて(代りにトイレに行っておいて、の口調で)

サブアカウントブックマーク

質の評価タグも作ろうか悩み中。

評価するポイント

  • 絵の巧さ
  • 資料として参考になるか
  • ネタとして面白いか

という辺り。完成したイラストが巧いか下手か、も重要なんだけれど、手順がさっぱり分らなくてなんにも参考にならないのもちょっとどうか。


具体的に言うと、

こちらの動画は、いきなり塗り始めるけれど、できればその前段階が見たかった。いや塗り方も参考にはなるんだけれどね。そういう意味ではこちらの動画は

ラフスケッチ段階から始まってるので、色々と学ぶところが大きい(まだ詳しくは見てないけれど)


また、手順が分りやすいかどうかはさておき、ネタとして完成度が高いのもいいんだけれど。

これなんかは、たぶんサムネイルでインパクトが出るように狙っている辺り、演出の巧さが光る。


こうしたより良いものを抽出できるようにした方がいいよなぁ。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070525

20070523Wed

Wikipediaをwikiって略すような例

  • 自由民主党を 自由党もしくは民主党と表記する
  • 社会民主党を 社会党もしくは民主党と表記する

または、塩ラーメンを塩と略すのも近いか、ラーメン店であれば「塩」「味噌」でも通じるけれど、店を出るとその意味では通じない。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070523

20070522Tue

いまさらなんだけれど

らき☆すた 1 限定版 [DVD]

らき☆すた 1 限定版 [DVD]

らき☆すたの原作者、美水かがみさんって主要キャラと同名なのは何か意味があるのだろうか。

例えば作中のかがみがツッコミ役なのは、その投影とか。ペンネームとは言え、作者の名前と同じで主要キャラが出てくるというのは違和感があるけれど、原作本の方だと何か経緯の解説とかあるのだろうかなぁ。(マンガは未読)

らき☆すた (1) (単行本コミックス)

らき☆すた (1) (単行本コミックス)

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070522

20070521Mon

ブログでステルス

アルファブロガーがいかにブックマーカーからスルーされるエントリーを書くか、という競技。

人生ステルス中

[]ばか

そうそう、私の住んでいた地域では「ひっつき虫」とは呼ばず「ばか」と呼んでいました。

大抵、野原で走り回ったあとなどで背中や脇に、それら植物をつけている友達を指差しては「「ばか」が付いてるぞ!ばーかっ!!」とからかったものです。でもって、自分にも「ばか」が付いているので、同じようにからかわれたり、「ばか」をくっつけあったり、投げあったり、格好の遊び道具でした。

とまぁ、そういう思い出があるもので、「ひっつき虫」という表現にはちょっと馴染めないですね。と言って、いい年して「ばか」というのも変ですけど。


あと検索してみると、いくつかこの言葉に対する考察の記事があるようです。地域毎の名称の違いなどが詳しいのはこちら

今週のサムライうさぎは良かったなぁ。

悪いヤツをやっつける、のではなくて、妻のために頑張れる男を描いていたのが、好感が持てる。少年ジャンプという誌面の都合上、どうしてもバトルやアクションの要素が組み込まれるだろうけれど、丁寧に幼い夫婦を描いていて素敵だな。

今後も斬り合いみたいな場面は増えていくのだろうが、今の雰囲気を壊さないように展開して行くといいよなぁ。

いま書くこと、あとで書くこと

その時に感じたことは、すぐ書いた方がいいけれど、

一方で冷静になってから、振り返って書くことがいいこともある。

ということで、今日感じたことは、ローカルの日記に書き記して、後日気が向いたときにこちらに書き直そうと思ったり。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070521

20070520Sun

シャドーボクシングだけならプロボクサー級

……あれだ、ボクシングの階級は詳しくないので良い言葉が思いつかなかった。

眠くなると身体が重くなるということは、睡魔は重力を操る技を持っているということです

よって、光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士は睡魔であることが明らかになりました。

[]誤字脱字のあるスパムメール

まァ件名だけれど、一瞬目に止まるのは確か、効果があるかは不明。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070520

20070519Sat

ついったんさん

「まったく日本人が多過ぎなんだニャ。おかげで、メンテナンスでネコの手も借りたいほど大忙しニャ、昨日は昨日でみんな鼻血出したりホント変なヤツらだニャ~。で、でも、いつも使ってくれてありがとニャ」な、ついったんさん


「t」のマークのペンダントを入れ忘れた~ _| ̄|○

あ、あと、服を着せたバージョンWillustrator に置いておきました。

関連

ついったんさん

鼻血について

ギーグが耕し、絵描きが育て……

ついにこんなところでも紹介された、「ギーク」→「アニメ」へユーザ層が移るターニングポイントかも

http://b.hatena.ne.jp/PoohKid/20070519#bookmark-4755612

今後Twitterが流行するのか、一過性のブームになるのかはまだまだ分りませんが、後で振り返ったときに、ついったん化が一つのターニングポイントになっているかもしれません。

鼻血祭りの盛り上がりにしてもそうですが、そうした Twitter でのコミュニケーションをブログのエントリーで紹介したり、ソーシャルブックマークの注目のエントリーに載ったりすることで、さらに話題が広がりをみせる、という効果もあるでしょうし、そこでまた利用者が増える、……かもしれません。

鼻血の伝説

鼻血の効果が一人歩きして

  1. 鼻血のプロフィール画像にすると面接で合格するらしい
  2. mixiなんかで大ブーム
  3. いつの間にか受験にも効果があるとかないとか

または

  1. 鼻血を出しているだけで
  2. 「アイツ、今日なにかやらかすつもりだな」
  3. と期待の眼差しで見られる

とか

  1. 「受験・試験の前に緊張すること」を「鼻血」と呼ぶようになる

もしくは

  1. 遅刻遅刻で、出会いがしらにパンを加えた美少女とぶつかって、ひと悶着あったのち、教室に到着、先生「よーし、今日は皆に嬉しいニュースがあるぞ―、転校生だ」「さ、入りなさい」「はじめまして……」「あっ!なんでここに?」「あんたこそ!」
  2. というのを「鼻血」と呼ぶようになる
トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070519

20070518Fri

そろそろ皆さんべつやくメソッドのことも思い出してあげてください

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070518

20070517Thu

若いツバメ

毎年書いている気もしますが、今年も若いツバメを見かけるようになりました。

まだツバメ独特の飛び方をマスターしていなくて練習(?)をしている様子を観察するのは楽しいですね。よく観ていると、親鳥に比べて羽ばたき方や、動きにまだまだ無駄があるように感じます。また、好奇心が旺盛なのか警戒心が人間の近くまで飛んでくる*1のも、見ていて思わず笑みがこぼれます。

若い子供同士じゃれあって飛んでいたり、その様子を高い電線に止まっている親鳥が見つめていたり、といった風景も例年通り。巣立ちの季節はこれからがピークですから、しばらくはその様子を見ることができそうです。

はてなダイアリーではよくあるけれど、他では見かけない言い回し

下の話

日記モードで複数の記事を書いた時にしばしば用いられる。単に「先ほど書いた文章について」という意味合いのことが多いが、稀にそのままの意味で下ネタの場合もあり、この言葉を見ただけでうっかり者のお嬢さんなどは即ブラウザの×ボタンを押してしまうため、使用には注意が必要。

また、はてなダイアリー以外でも tDiary などにも同様の現象が見られる。

*1:と言っても、十分距離を置いていますがあくまで成鳥に比べれば,という程度で

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070517

20070515Tue

僕の考えたTwitter2.0

  • 文字数制限を撤廃
  • 画像も動画も貼れる
  • コメントとトラックバックにも対応

結論 → それは普通のブログ。

制限を課すことがコミュニケーションを促進すると勘違いしてみる

Twitterが、投稿できる文字数を制限したように、無駄に制約を多くしてみたらどうだろうか

  • 文字数をどんどん減らす
    • 俳句コミュニケーション
    • 英語の場合は、文字数ではなく、ワード数でもいいかも
      • さらに減らして四字熟語コミュニケーション
  • 書きこめる時間を制約
    • 決まった時間にしか投稿できない
    • Twitter昼の部・夜の部
  • 年齢で分ける
    • ユーザー層の細分化
  • 物理的な距離を利用する
    • 現在地から近い人の投稿しか見れない
  • 発言内容の制限
    • サービス提供側から強制的に、お題を出されそれに沿わないと投稿を受けつけない
    • 投稿に「五月病」が入っていないと、表示されない、とか
    • またはNGワードの設定
    • はてなでいうところの、注目キーワードを使わないとか
  • 語尾に「にゃ」と付けないと投稿できない
    • どんな発言も、かわいくなってしまう
  • 発言数に制限
    • 書き込みは1日5回まで
      • 猫の人も負荷が少なくて大助かり
    • @を使える数が制限
  • 書き込める状態が制限
    • 例えば食事の内容しか描き込まれない
    • 何を食べたか?を自由に記入できなくて、選択式
      • 毎日アンケートみたいな感じか

私の中からのツッコミ

今回のテーマを作ってるときに、何度も

「ねぇ?これってダサくね?」「自分でカッコイイと思ってても、失笑されるかもよ」

てきな自問自答が、ループで襲ってきた。


思いついた時には、自分でもこれはいいな、と感じたからこそ作り始めたのだけれど、どうも自己ツッコミで弱気になる部分があって。なんというか、中学二年生くらいが憧れそうなかっこよさ、薄っぺらいセンスを自慢げに披露してるよ、という感覚。


昨日の日記に書いた脳内シミュレーションじゃないけれど、こうした自分の頭の中での自分否定だけは相当な頑張りで、今までに描いたものでも、どこにも出さずに隠匿することもしばしば。ただ、まぁ最近はそういう部分も素直に作ってみていいんじゃないか、と思えるようになってきたというか。

素直にかっこいいな、と感じたものを出していけばそれでいいんじゃね?と考えるようになってきました。面の皮が厚くなってきたようなところかなぁ。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070515

20070514Mon

脳内会話シミュレーション能力が強過ぎるために、却って話ができないという事例がありそうだ

これは言ってはいけない、あの話題には避けておこう、もしもこのネタから例の件に話が繋がってしまったら面倒だ、などと考え過ぎて黙ってしまう、とか。

[一人相撲は三役レベル][人生空回り]

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070514

20070513Sun

[]このところスパムトラックバックが多いな

一応リンクがあるだけにすり抜けてくるのだけれど、ウザいことこの上ない。

[]今回みたいに大きいイラストをどーんと使うテーマなら

そこそこの頻度で作れそう。


あとベーステーマを使ったのは、楽かな―とも考えてたのだけれど、そんなに簡単でもなかった。でもまぁ、ゼロから作るよりはずっと簡略化されるから、今後も試してみよう。慣れてくるとそういじらないで済むだろうし。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070513

20070511Fri

探してみるもんだ

随分前にたまたま見て、一気に引き込まれた番組がある。

それは中島敦の「名人伝」を絵本(紙芝居?)調にした内容で、絵のタッチもさることながら、ストーリーそのものも突拍子もない技が連発なので、観ていてとても痛快だった印象が残ってる。その時にはてっきりテレビ用に面白くアレンジしたのだ、と考えていたのだが、その後、気になって原作を読んでみたらそのままの内容でさらに驚いた。

ただ、残念ながら録画はしてなかったし、すっかり忘れていたのだけれども、そう言えばあれは何の番組だったのか?と今日になってふと気になって検索してみると、どうやら DVD化されてたらしい。

なるほど、日本の文学を絵本調でやる、というコンセプトの番組だったようだ。

私は「名人伝」しか見なかったので、分らなかったけれども、他にも宮沢賢治も面白そうだな。

名作の風景-宮沢賢治 -絵で読む珠玉の日本文学(2)- [DVD]

名作の風景-宮沢賢治 -絵で読む珠玉の日本文学(2)- [DVD]

ちなみに名作をテレビでやる同コンセプトの作品としては、ウゴウゴルーガの名作の文学を月~金で説明する抄訳っぷりも結構好きだったなぁ。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070511

20070510Thu

サブアカウントのプロフィール画像はどうしようか

あとレイアウトが崩れたりするので、それも対応しないとな。

本妻と愛人

ホームページ時代のころ、メインの日記(タグ手打ち)とサブの日記(ブログサービス)のことを本妻と愛人に例えていたのを、どこかで見た憶えがあるけれど、その後 愛人の方がメインになることが多いようだった。


mixiの初期の頃も、メインのブログが本妻、mixiの方は愛人として使う人が多くて、いつのまにか mixi の方しか更新しない、という人もいたし。


似たようなことが、twitter でも起こるかな―、と思ったり。

自分の半径ワンクリック圏内では

Twitterの話が盛りあがっているけれど、その変わり Second lifeLingr の話を見なくなった。でもまぁ、向こうは向こうで盛りあがってるんだろうな、きっと。

ふかわネタをやった弊害としては

しばらく何でもかんでも、ふかわ口調のネタをメモってしまうことだな。

今日思いついたネタ

重要なニュースを知るのは Twitter経由がほとんどだな


空模様も Twitter経由で知るなよ


外国人から嫌われてなくたって、日本人からは嫌われているんじゃないのか?


発言の時系列がずれたのは、お前が無視された原因じゃないだろ


クマを銃殺する前に

痛いニュース(ノ∀`):【中国】 体にペンキで縞模様を描かれた「偽シマウマ」登場

さすがの中国様で、これを応用すると里に下りてきてやむなく銃殺されるクマたちの処遇も少しは改善されると思った。

  • 白く塗る → ホッキョクグマとして
  • 茶色に塗る → レッサーパンダとして(立ったり坐ったり)
  • 白と黒に塗り分ける → パンダとして

という風に大手を振って保護できるわけで、予算の少ない動物園も大喜び、動物愛護団体も大喜び。

義務になったらやる気をなくす

b:id:sazen

更新が義務になったり、頑張り過ぎると飽きてしまうので、程々に。


あと、そんなに連日ブックマークするほどあるのか?という疑問も。早晩めぼしい動画をブックマークし尽くしてしまうのではないか?という予測もなくはなかったり。まぁそのときはそのときで。

特化系のブックマーク

自分自身がそうだけれど、コンセプトが絞られてるブックマークは結構便利だよなーとは思う。

個人的にチェックしているのは

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070510

20070507Mon

twitterのFollowersが急に増えててビビる

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070507

20070506Sun

私が livedoor Reader に登録しているフィード

20070506.xml filelist

バックアップも兼ねて、公開しておきます。

全部で617フィード。正直ちょっと多めで読み切れないし、あとで整理しようと考えつつ……そのまま。

一応フォルダ分けを補足すると

~数字
以前はてなRSSを利用していた時に、あまり一つのフォルダにまとめ過ぎると読み難かったので、分散させていた名残。現在はレート順で見ることが多いので関係のですが、なんとなく。便宜上の分類です。
illustration~ + 数字
分類は基本的に上記の通りです。ただ、イラストの場合は最も数字の多いフォルダは全文配信になってないフィードとしています。
reserve
保留・様子見のフォルダ。最終更新時から何ヶ月も経つとこちらに入れて管理し、その状態のままであれば削除してます。

とりあえずはこんなところかな。

ちなみに昨年8月の登録フィードはこちらでした。

livedoorReader.xml filelist

livedoor Readerの読み方

さすがに600フィード以上もあると、全部に目を通す訳にはいかないので、いつもはレート順でフィードを読んでいます。でもって、未読フィードが増え過ぎると、どうせ読まなくなるので、一気に全て既読済みにして全消し。

そのため登録はしているけれども、滅多に読まないフィードというのも多々あります。

[]人生二度手間

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070506