Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070421Sat

見逃してもらう話

J-CAST ニュース : ミクシィ飲酒運転告白 「冗談」でも勤務先解雇

50~60代の方と話していると時々出てくるのがスピード違反、または飲酒運転を警察に見逃してもらった話で

運悪く検問に引っ掛かったものの

「妻が危篤で急いでいるので慌てていました」

で見逃してくれた

というオチ。

助手席に乗っている奥さんが重病のパターンと、病院に重病の妻が搬送されたパターン、または子供が~、というケースもあるもののこの手の話が割と多い。というか何人もの方から訊いているのだが、これって本当なのだろうか?

昔は取り締まりも大らかだった、ということもあるだろうが(大抵この話は20年以上前のこと、として語られることが多い)それにしても重病人が多過ぎね?いくらなんでもいい加減過ぎない?

まァ稀に本当に重病で、という体験談もあるものの、いわゆる「お父さんも昔はワルだった」的な武勇伝を語る例なのかな―とも思わなくもない。


ちなみに、私は警察に見逃してもらうどころか、検問にもまだ合ったことないんだよなぁ。初検問のときには無駄に緊張しそうだ。

[]はてな匿名ダイアリーを利用したいがためにユーザー登録する人はどれくらいいるのだろう

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070421