Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070310Sat

あー

女商人はあそこで出るのかー。

[アッサラームにて][なんのことか分かる人いるかな]

Plnet SuprGlu

「iddy」と自分まとめサービスのまとめ | caramel*vanilla

こちらを参考に、PlnetとSuprGluを利用してみました、あんまり手を出し過ぎてもキリがなさそうですから、自分に合ったものをカスタマイズしていこうかなと。

高橋名人が語るボンバーマンロードランナーの容量のお話

アルファルファモザイクより「ゲームの容量の話」

ちょうど、高橋名人ポッドキャストファミコン時代の容量の話をしているのを聴いてたので、個人的にタイムリーな話題でした。

Download *1

ゲストピエール滝さんが来た回で、滝さんのゲーム体験話とかになるのですが、7分30秒ほどから当時のファミコンの容量について、熱く語り出す名人

以下その部分を、ざっと書き起こしてみました。

ピエール当時、ちょっとあれですけど……*2コナミグラディウスとかサラマンダとか、「なんと!2メガカセット」っていうので(笑)
(それが)売りになって。2メガですよ。
高橋名人あっ、それ言うんだったら、ウチのボンバーマン 32キロビットでしたからね(※注*3
ピエールハハハハハ(笑)
放送作家ビット!?
高橋名人ビット。2メガなんてすっげーよ。
作家ちっちゃ、少なっ
高橋名人ちっちゃいでしょ?
でも、それでボンバーマン作ってたのと。その半分で、ロードランナーができたんだよ。
ピエールロードランナーってその半分なんですか!?
高橋名人16キロですから
ピエール(笑)
そーなんだー(笑)
作家それはスゴイなー
高橋名人ロードランナーとナッツ&ミルクは16キロですから
ピエール(笑)ナッツ&ミルク……
高橋名人だから音…、ロードランナーの背景って黒いでしょ?
ピエールはいはい
高橋名人あそこのグラフィック書けないんですよ、メモリ使えないから
それで音だって、デデッテ デデッテ♪ でしょ?あれ以上作れないんですよ(笑)
ピエールあー、そうですね
作家そっか、音少ないですもんね
高橋名人少ないなんてもんじゃないよ、あれ以上音入れたら、もうオーバーしちゃうんだもの
作家そっかー、あれでギリギリなんだ
高橋名人ギリギリ
……あれでね確かね、1ビットぐらいしか残ってないはずですよ
ピエール(笑いながら)1ビットって! 1ビットって1文字ですもんね(笑)
高橋名人そうそうそう
それで、頭からね、マシン語で入れていくんですよね。……プログラム
だから、今で言う、コンパイラ使って 余分なコードを作ると、それがもったいないからって、頭からマシン語 ぜーんぶ作ってって……
ピエール刺繍みたいに作ってるんですね
高橋名人そう、だからねー、よくやったなと
ピエール……16Kですかー、すごいな……。16Kのゲームって……そうなんだ……。
高橋名人あの頃のゲームみんなそーですもん

と、こんな感じ。

他にも当時のゲーム作りなどについて、語っていたりしています。このポッドキャストはこういったファミコン時代のゲームの話(もちろんハドソン中心ですが)や、イベントの裏話などが色々と聴けるので、お薦め番組ですね。

参考リンク

*1ビットレート関係でちゃんと再生されないこともあるようなので、その場合はダウンロードして聴いてください。

*2高橋名人ハドソンなので遠慮した様子

*3名人はキロビットと発言されていますが、キロバイトと勘違いされているようです。また以後の容量についての話題にも単位の混同があります。コメント欄情報提供ありがとうございました。

通りすがり通りすがり2007/03/24 13:08昔もよくありましたけど、ビットとバイトってよくごっちゃにされますよね。1ビットは1文字では無いので・・・。文中の16K,32Kってのも確かバイトだった気がします。そして1Mビット=128Kバイト、2Mビット=256バイトと増えたと。途中でビット表記にしたのはおそらく数を大きく見せるためで。そして少なくともディウスは2Mじゃ無かったはず。

通りすがり通りすがり2007/03/24 13:21TYPOスマソ: 256バイト=256Kバイト, ディウス=グラディウス。高橋名人には正しい知識をもっていて欲しかった・・・。

rikuorikuo2007/03/25 10:06通りすがりさんこんにちわ
> ビットとバイト
情報ありがとうございます。私も詳しくないので、ちょっとごっちゃになっていたのですが、なるほどロードランナーなどは16キロバイトで制作されたものなのですね。
滝さんはともかく、名人も勘違いしてたのか。
もちろん私も分からなかったのはいけませんね、脚注で補足をつけておきます。

あと、グラディウスについては、Wikipediaで調べてみると(URLが長くてスミマセン)、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9_(%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0)#.E3.83.8F.E3.83.BC.E3.83.89.E3.82.A6.E3.82.A7.E3.82.A2
アーケード版で容量の合計が2メガビット、という表記があるので、もしかするとそちらの情報を記憶されていたのかもしれません。

とある人とある人2007/03/26 11:42ビットとバイトの関係ですが、少なくともゲーム業界ではマスクROM系の容量はビット表記するのが常識です。
単純にDSと据置ハードを比べてもらうと分かります(DSカードは容量ビット表記、据置はDVDなのでGバイト)。
なので、昔からビットに親しんできた名人が混同してしまうのも多少は無理の無いところではあります。
(それでも責任ある立場の人ですから間違えてはいけないのですが)

それと当時を知る人間としては、「~メガカセット」の下りは良く覚えています。
これは沙羅曼蛇が1メガビットの容量と、スケルトンカセットという中身が透けるカセットで当時話題になったんです。
ですので、2メガではなく1メガの間違い、それも沙羅曼蛇のみということです。

rikuorikuo2007/03/26 23:01とある人さんこんばんわ。情報ありがとうございます。
> マスクROM系の容量はビット表記
なるほどそういった使い分けがされているのですね。名人のブログを読んでいると、このところハドソンは携帯端末でのゲームにも力を入れているようなので、そちらと混同したのでしょうか。

それとこれはフォローになりますが、ポッドキャストのような媒体では、紙媒体やブログの記事のようになかなか発言の訂正が難しく、正しい数字を出すというのは大変だなとも感じました。もちろん、音声で訂正は入れなくとも記事で注釈を書き加えるとかは出来るのですが。

> DVD
そう言えば書き起こした部分より後の会話で
「じゃ(当時と比べて)DVDはどれくらいの容量なんですか?」
といった問いに、名人と滝さんが答え難そうにしていたのが印象的でしたね。番組中では原稿用紙と本棚といった例えで説明していましたが。当時の容量に比べると隔世の感があります。