Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070221Wed

[]異形について

ゆらぎの神話 ポータル - ゆら描き-絵保管庫- - 異形といえばこのページ。

ブクマコメントでも書いたのですけれど、欠損・畸形が好き、という感情にはちょっと個人的には抵抗があります。


私自身が畸形児、という出自もあって

生後4ヶ月の私1度目の手術後。退院直前

そういった嗜好には、よく分らんなー、というところ。


ただ、畸形好きがけしから~ん!そんなものはやめるべきだ!ということではなく、えーっと、例えとして適切かどうか分りませんが

貧乳女性コンプレックスで悩んでいるのに、

「それがイイ!」とか、「悩んでいる姿がいいんだよ!」「むしろ小さい方が好きなんだ」と力説される

といった戸惑い、のような感じでしょうか。


世の中にはそういうのが好きな人がいるのは理解はしているんですが、こちとらコンプレックス抱えとるので、それがイイだのコンプレックスで悩んでいるのが素敵、みたく接しられるというのはちょっと嫌だなぁ(私が対象になるかはさておき)と感じるわけです。


ただ、単純に造形的にみた欠損・畸形の面白さというのは、まぁ理解できるんですね

rakuten:kohgen:10010548

ミロのビーナスてきな、パーツが無いからこその姿の美しさ、っていうのはあると思うので。

阿修羅や千手観音とかは、逆にパーツがたくさんあることで験力の象徴として配置しているわけですし、あと畸形で言えば、生まれつき体の一部が機械とかね、……畸形ジャンルに含まれるかは分らないけれど、妙な物体が身体にくっついているという表現の良さも分らんでもないです。


なので、そういった嗜好そのものは構わないし、何故そうしたものに惹かれるのか?については興味もあるのですが、それが自分に向けれたら正直気持ち悪いな、と。

いや、そんな経験はまだないですけれどもね。

「耳のことをコンプレックスに感じているあなたが好き」

みたいなこと言われたら、ゲンナリするわけですよ。そういう嗜好を持つ女性とかを受け止められる自信はない。



一方で

以前に、欠損・畸形を題材としたストーリーを考えてみる、という機会があったのですが、そのときにどうも巧くできなかったのは、そうした嗜好そのものを拒否していたから、……かもしれないな、と今になって考えてみたり。

自分自身としても、この耳というコンプレックスはまだまだ受け入れ難いものなので、どうもそれらについても未消化。

もしもシリーズ

いろいろ失礼ですが

友人が、やたら僕の健康に気を使って

「もうちょっと筋肉つけた方がいいんじゃない?」

「少し運動した方が、身体のためにもいいよ」

アドバイスしてくれいてたのだが、実はその肉屋の友人には食材として見られていた。

みたいな感じなのかな―、畸形嗜好の人に相対した場合の違和感

そうは言っても

しなもんのお尻が好き、っていうのも欠損・畸形に惹かれるのと同じことなんで

私にもそういう部分がありますから、惹かれる感情を分らなくもないし否定はしませんけれど、自分の中でどうも感情や倫理的な整理ができていない、というところです。

[][]はてなの歴史編纂

誰か Firefox歴史みたく、A41枚くらいにまとめないだろうか。

サービスリリースと、主要アップデートはてな本移転住所登録問題からしなもん手術までを網羅したヤツで。っていうか、はてな自身で対外用にそういうの用意しているのかも?

[]○○万PVなら大手

その年ごとに統計をとっておけば、ネットの広がり具合が分るかも。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070221