Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20070217Sat

[]Rimo雑感

個人的には、テレビが部屋から無くなったため、テレビをダラ見しつつ筋トレストレッチができなくて、なんかそこら辺にマッチする媒体でもないかなー*1と思っていたところがあるので、ありがたい部分はある。

ただ、テレビとは違い、「お約束」がないのでまだちょっと画面に対する注意力が高くなってしまう。


例えばテレビなら、美味しいものを食べたら「おいしー」とか言うし、ボケたらツッコミが入るし、ネコのおもしろ映像は最後にこけたり机から滑ったりしてオチがつく。

それはまぁ、画面から目を離していても予想のつく、予定調和番組構成がされているので、正直 あまり映像そのものに意識を払う必要がない。


しかし YouTube は言わばショートフィルムの集合だから、美味しいものを食べたとしても、突然 机を引っ繰り返して激怒するコメディになるかもしれない*2ボケてもツッコミが入らず、そのままスルーしているかもしれないし、ネコ映像は特にオチもなくただ単純にかわいいだけ、かもしれない。

もちろんテレビ的な演出があるものもあるが、次の展開が予想できないので、どうしても画面から意識が離れないのが難点。


これは受け手の方の慣れもあるだろうし、チャンネルの選択にもよるだろうな。PVチャンネルならそれはないだろうけれど、音楽の傾向がバラバラなPVチャンネルもちょっときついので、今のところ動物ばかり見てる。

「このネコは滑って落ちるのか?」

イヌとじゃれているけれど、急にケンカしだすのか?」

「それとも飼い主が噛まれるのか?」

と耐えず展開を予想してしまうのだが、ただ単純にかわいいだけ、というのには物足りなさを感じるというか。そこら辺はまさにテレビ脳なんだなぁ、と感じてしまったり



っていうかこれは Rimoの問題じゃないな。書いていてずれてきた。

例えば、ユーザーが独自のチャンネルを作成し、公開できる機能などを検討している。「今はYouTubeカテゴリーから機械的にピックアップしているだけだが、センスのいいユーザーの手で編成した番組は面白いはず」(蓑輪さん)

no title

Rimoの展望で言えば、こうしたチャンネル職人としてのアルファユーザーを選んでいく、っていうのがありそう。id:○○セレクションならリビングでも安心して見れる、みたいな評価が定まって行けばいいんじゃないかな。

あとは、そうした機能を英語圏にもストレス無く使えるように、はてなユーザー登録に関する手続きなどは英語化するとか必要かもね。

はてなポイントの処理の仕方とかも。

[]まぁでも

テレビ的なダラ見をするなら、つまらなくてもイイから過度なエロとグロは排除して欲しい、というところ。

予想外なところでうっかりそれは見たくない。


普段PCに向かっているテンションなら、エロもグロも許容できるんだけれど、ダラ見の最中は事前に何の判断もできないような仕組みでエロっぽいのが出てくるのは嫌だなー、と感じる。

[]時かけ日本アカデミー賞

てっきり日本テレビなのでゲド戦記になるかと思いきや、時かけ受賞はめでたいなぁ。

このままの勢いでさらに上映期間が延びるんじゃないだろうか(4月20日DVD発売だけれども)。


参考:no title

既に3月の上映予定までは決まっている。

*1:とりあえず今まではラジオ使ってたけど

*2:単体の作品としてはそういう演出も面白いだろう

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20070217