Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20061229Fri

[]人気エントリーになる方法

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061229

20061228Thu

[]来年アウトプット

今年2006年エントリーを書きあげる時に、はてなブックマークを意識することが多かったです。

まァ、毎回ではないけれど、はてなブックマーク狙いのエントリーを書いて、いくつかその意図通りにブックマークを得ることもできました。

ブックマークの面白さは、コメント欄メールなどに比べると敷居が低いことで、私のダイアリーみたいな場末のところにはその反応が貴重な情報ともなっています。その結果ブックマークされやすいのは、まとめや、はてなネタなどのエントリー、と言ったことも分りましたし、それを念頭に置いた上でさらにはてなブックマーク向いているだろうエントリーを書いていたり。


ただ、そうした作業はそれはそれで楽しいのですが、来年2007年はちょっと距離を置こうかなと考えています。

いや来年はてなブックマークを意識したエントリーは書くでしょうが、もうちょっと「アウトプット」に重きを置こうかなと、考え中。「アウトプット」が具体的になにか?というのは来年になってから披露できれば、と思いますが*1、ここ最近はてなブックマークの事にばかり向いていて、作り上げたものが少なくなってしまったな、コンテンツ作りを疎かにしているな、とも感じています。以前書いた「種を蒔く」という比喩で言えば、その種から出た芽を育てる作業、というのをやる時期かな。

例えば一つは小耳症コンテンツを整理・再編集する、とかですね。今までに書いたものをそのままにしないで、活用するようにしてゆく予定です。


プライベート目標はまた違ったテーマがあるのですが、来年ネットでの活動の目標の一つとしてはそんなところですね。

[]過去ログ



[]このグループの名前検討

いい加減なにか付けようかなと

なんにしてもネーミングセンスはがないので、色々アイデアを箇条書きで書いてみる

  • rikuo::group
  • rikuoの人たち
  • 片耳が聞こえない方のrikuo

urlもhttp://rikuo.g.hatena.ne.jp/なので、「rikuo」を前面に出すとか


リク - 陸 として造語っぽいもの。

リクルートルート
リクエスト陸エスト
エリクソンエ陸ソン
コンフリクトコンフ陸ト
オオアリクイオオア陸イ
リクルータールーター
ザオリクザオ陸
バイオメトリクスバイオメト陸ス
アガリクスアガ陸ス
リクガメ陸ガメ
タイリクオオカミタイリクオオカミ
リクオタニウムリクオタニウム


「陸」がらみで、グループには○○部が多いので

  • [陸]
  • 陸部
  • rikuo部
  • サーファー
  • 陸蒸気
  • ペンギン
  • 陸上部
    • 陸じょう部
    • 陸冗部
    • 陸情部
    • 陸条部
    • 陸常部
    • 陸浄部
    • 陸状部
    • 陸嬢部
    • 陸場部
    • 陸乗部
    • 陸蒸部
    • 陸丞部
    • 陸帖部
    • 陸丈夫
    • ジョブ

陸上部が少し気に入ったので、バリエーションを。


~部

  • 小耳部
  • こみみ部
  • かたみみ部
  • 耳が一つ
  • 一つの耳
  • ゲロしゃ部
  • 陸耳


あと思いつき、好きな動物

食べ物の名前も多いので

好きな食べ物を並べてみた


まぁ、あとでさらに追加するかも。

基本的にはブックマークされるときなどタイトル

と長くなるのでコンパクトにまとめたい、とは思う。これも年明け辺りには決定する予定。しかしセンスないなー。

*1:そんなに大きな事ではないです

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061228

20061227Wed

[]勘違いした

アフィリエイトIDの書き換え脆弱性の件で気になって調べてみたら、

無料ダイアリーをご利用の方も、アマゾンbk1iTunesセブンアンドワイアフィリエイトリンク掲載は可能ですが、上記でご紹介した簡単な入力機能は利用できません。はてなアフィリエイト - はてなダイアリーでアフィリエイトをはじめる

無料ダイアリー使っててもアフィリエイト付けて良かったのね。てっきり有料オプションを使っているユーザーのみ可なのだとばっかり。となると、何度か間違えたこと書いたな、あとで修正しないと。


あと、ダイアリーでは有料オプション使ってないので、書きかえられなかったと思ったら見事に引っ掛かったっていう _| ̄|○

[]書かれる立場になったことないので分らないけれど

池田信夫 blog 2ちゃんねる化するウィキペディア


Wikipediaに書かれている情報が間違ってる → 自分で直せばいいんじゃね?



はてなダイアリーキーワードに書かれている情報が間違ってる → 自分で直せばいいんじゃね?



と、いくつか書かれる媒体が増えるたびにそのサービスに登録して、その都度そこの仕来りやムラ社会に配慮して修正、……はてなダイアリーダイアリー市民になる必要があるし……、みたいなことをやるくらいなら

自分のサイト自己紹介を書いて、あとはそれを参照してもらうだけにした方が楽なんじゃないか?って思った。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061227

20061226Tue

[]年配の方がやってこないサービスになるのかも

シナトラ千代子 - ブロガーはすでに滅びの道を歩んでいる

ここでは、2007年問題時間のあるシニアブロガーがやってくる、といった予測をされているけれど、シニアブロガーが脅威になることもなく、また若い新しいブロガーもやってくることなく、淡々と20~30代くらいの世代しか利用されず緩慢にユーザーが減っていく、といった未来がふと浮かんだ。


はてなが、でもあるし、ブログが、とも。

[]イジられる楽しさもあるんじゃないかな

http://chaosroute.g.hatena.ne.jp/nekoprotocol/20061226/1167128959

ちょっと話は変わるのですが、私自身がダイアリーフォトライフに載せている画像を、無断転載OKにしている、というのもあり、たまにその私の描いた画像であれこれネタにされることがあります。それは単純に嬉しいンですよね。

もちろん不本意、というか変な使われ方っていうのも見かけて苦笑いもしますが、基本的には面白くアレンジしているなー、と感心したりしています。なので、私はデザイン共有の場合でも割と楽観的に考えています。

ただ皆がみんなそういうメンタリティという訳じゃないでしょうし、例えば

  1. あるユーザー「A」というデザインを公開した
  2. それをアルファブロガーインポート
  3. アルファブロガーがちょっとだけ「A」デザインを変更
  4. 公開した「A+」を皆がインポートして、オリジナル「A」より人気に

ということが起きた場合は、オリジナルを作ったユーザーからすれば、げんなりすることかもしれません。しかしそれでも前向きに「A+」も含めて自分の手柄だとポジティブに捉えるとか、アルファブロガーが改変したところを参考にするとか、そうした対応をしていけば良いんじゃないかな、と思います。


画像差し替え

画像差し替えることについて、自衛はできるとコメントにも書いたのですが、それを毎回きっちりと実行して、画像転載してスタイルシートを書き替えるか?というと、面倒ですから私もやらないでしょうね。そしてそうした対応を取れるユーザーも少ないでしょう。

でもそれで仮に、画像差し替えられて → ギャー、といった事件が起きたとしても、オリジナルの作者の所為ではないですからね、私だったら「関係ないな」で済ますかも。


あと

私自身がデザイン共有にまだ一個も公開してないから、よく分らない部分もあるので早めにデザイン作らねばと思いました。えーと来年になったら、ですね(先送り)。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061226

20061224Sun

[]とんでも科学

検証する価値のある与太話

水伝はもちろん検証するまでもなく、ばっさり切り捨てるかもしれないけれど、自分は検証する価値はあるかなーと思ってる与太話をいくつか。

姓名判断
  • 苗字はどうでもいい
  • 名前はある程度その人の人生に影響あるかもしれない
  • 与太話と前置きして
  • 松坂大輔さんの話
  • 松坂さんの名前「大輔」は、当時甲子園で活躍した荒木大輔さんにちなんでつけられたらしい
    • これはテレビでの情報ですが、松坂さんと同い年でやはり「大輔」と付けられた子供は多いそう
    • このことは、一つの仮説として
      子供に「大輔」と名付ける → 親がスポーツに関心がある → 子供スポーツに興味を持つ → 将来スポーツ選手になる
    • といったことが起こり得るのではないか?とも考えられます
    • もちろん、母数としてその年「大輔」と付けられた子供が多かったから、結果的にプロ野球選手を輩出しただけかもしれない
  • ただ例えば子供に「剛」「健」「強」なんて漢字を含む名前を付ける親なんかは、その他の親に比べて健康スポーツに関心があるといったことが確率としては高いかもしれない
    • もちろん、親の嗜好が全て子供に関連するわけではないものの、子供趣味趣向には関連がある「かも」しれない
  • 同様に例えば「子」のつく名前をつけるのも保守的な親である、とも言えるでしょう
    “子”のつく名前の女の子は頭がいい

    “子”のつく名前の女の子は頭がいい

    この本は読んだことないけれど
    • なのでその子供が成績が良い「かも」しれない
  • 単純にそうだとは決して言えないほどの与太話ですが、まァ多少なりとも影響がなくはないんじゃない?とは思ったり
  • 個人的な経験則としては『「沙織」という名前の娘はかわいい』の法則
    • 松坂さんの話と同じように、南沙織さんから付けられた娘が同年代に多い
    • お父さんが南沙織さんが好き → お父さんは面食いだ → お母さんが美人 → 結果、娘さんがかわいい
    • ……かどうかはさておき、私の知り合いの「沙織」さんはかわいい娘が多いです。私的には鉄板な法則(どうでもいい)
兄弟関係
  • 長子や末っ子、といった兄弟の数や関係などと性格形成の相関
    • もちろん、同じ末っ子でも年子でも兄弟の数でも男女でも色々なパターンがありますし、家族の関係によって大きな部分があるでしょう
    • また家庭環境人格形成に、影響を与えるのは確かですがむしろ学校での友人との間で培っていくことが大きいようにも思ったり
  • それでも、それを検討してみるというのも面白いかも
祖父母との同居
  • 核家族化が進んでる現代日本ですが、祖父母と同居の経験があるかないか、というのは人格形成に少なからず影響を持っているように思います
  • まぁ上のと同じで、あんまり重要視するほどでもないですが、検討する価値くらいはあるかなーというレベルで
生まれた月
  • 誕生日で性格や運勢が決まるなんていうのは全然信じていませんが、誕生月の影響はあるかなと私は考えています
  • 極端な話、3月生まれと、4月生まれの子には一年近くの成長の差が生じ、例えば成長期の体育の授業では体力面で影響が出るでしょう
    • 運動が得意かどうか、というのはその後の人生に影響もなくはないと思います
  • もちろん、3月生まれでも運動が得意な子もいるでしょうが、少なからず影響があるんじゃないかな
トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061224

20061223Sat

[]多くても困るけれど

新潟なのに、クリスマスシーズンに雪がない、というのはちょっと味気ないな。

大雪で移動も不便なくらい、なのは困りますが、基本的には雪は好きなのでちょっとは降って欲しい。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061223

20061222Fri

[]来年から始めるゾ

この時期のいけないところは、来年から改めるぞ、的な気分になること。実際 来年になってもやらないことが目に見えている。

[]神谷さん出演ラジオ

声を聴く限り、全然変わってなさげなので正直安心した、ちょっと涙出てきた。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061222

20061221Thu

[]話が分らないのは話し手が悪いのか、聞き手が悪いのか

どちらかなー、と悩むことがよくある。

[]ステルスデザイン

Webのページの場合、鉛直方向の線をずらすというのは工夫が必要なのが難点。


あと、件の本まで読んでないので、さらっとしか分らないけれど、えーと大体の印象で言えば

なんとなく視覚・心理的な感じとして「圧迫感がない」「閉塞感を与えない」といった辺りのニュアンスで、説明してた概念を巧く表現している、といった印象。


あと最もステルス度合いが高いのは何もないページで、Google なんかは何もせずともステルス度が高くなるはず。問題は Yahoo!みたいな要素の数をどれくらいステルス化するのか?っていう辺りですね。

はてなで言うと、はてなトップ、ダイアリートップ、ブックマークトップなんかをステルス化してみる、っていう試みは面白いかもしれません。はてな就職したいデザイナーポートフォリオ的にチャレンジしてみるのも良いんじゃないでしょうか?って思った。


それと、全般的にステルス化をやってしまうんじゃなくて、意図的に逆ステルスを加えて、視覚的なエッセンスにする、っていうのもあります。具体的には Web2.1的なデザインとして

こういう歯車みたいな吹き出しが流行っていますが、ステルス的な考え方で言えば、ギザギザも多くステルス化とは程遠い。でもだからこそレーダーに捕らえられやすい = 目立つ、なのでそういうワンポイントを使うのはまァアリだよね、と。


もちろん、こういう分りやすい図形じゃなくても、ヘッダにイラストとか、サイトイメージを強く印象づけるような画像を配置する、っていうのはよく行われているので、わざとステルス度合いを下げた要素を使う、っていうのもデザインとしては当然の方法。

他の要素としては、動き。バナー広告なんかはステルス化されちゃ意味ない訳で、目立つためにもわざわざ動いて存在をアピールする必要があります。


ただ、それはそれとしてステルス度合いが分るツールっていうのは楽しそうで、レーダー的な解析ツールがあると色々と参考になるかも。またWebに限らず、印刷物に対しても使えると面白いですね。

[]逆ステルス

むしろ、ステルス度が高い優れたデザインサイトを、ダメアレンジしたサンプルが見てみたい、と一瞬思ったが、どうとでもアレンジできそうなのでボツ

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061221

20061220Wed

[]ようやく

はてなダイアリーと、このグループの今年の更新分を読み返し終えた。

ブックマークを振り返るのはもうちょっと時間がかかりそう。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061220

20061219Tue

[]コーギー雑誌

普段ペット雑誌なんて見ないので、初めて知ったのですが

コーギースタイル Vol.16 (タツミムック)

コーギースタイル Vol.16 (タツミムック)

コーギー専門誌ってあるんですね。

これ見たらコーギー業界における、しなもんの知名度が知りたくなった。一般的にはほとんど知られてないだろうけれど。

[]数が少ない方がいい

と仮に分類できたとしても、56種類も読むのは大変なので少しくらい暴論でも

と言ってしまった方がわかりやすい。

多少ツッコミどころがあるくらいが、トラックバックももらいやすいしそれがブログとしては良いエントリーになるだろう。


ただ、

みたいな言い回しはどうかと思う。極端過ぎる二元論はネタとしては面白いけれど、真面目に言われるとね。

[]公式サイト消失

涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)

小説の内容通り、公式サイトが消えてますね。ソースにおまけ要素があるのはさすが。

詳しくはネタバレになるのであまり書きませんが、「消失」のタイトル通りホームページがなくなったり、とかまぁなんか色々起きるわけです。


ちなみに消失というと、こちらのムービー

YouTube - 消失の長門さん


で、それにインスパイヤされて作ったgifアニメを再掲載しておきます。


あと

[]ジャンプFFT情報

たまねぎが載ってました。今の若い子は知らないだろ、と一瞬思ったのですが、DSFF3があるから大丈夫か。

[]ポリゴンゲーム普遍性

FFTみたいなドット絵ゲームだと復刻しても、それ以上の古さを感じないだろうけれど、ベイグラントストーリーみたいなポリゴンゲームだとドット絵以上に古さが際立つんじゃないか、という仮説。


ベイグラントストーリーは好きなんでフォローしておくと、PSゲームとしてはグラフィックキレイだし、独特の雰囲気があって良いゲームだとは思うんですよ。でもX-BOX360だPS3だやれハイデフだ、とかPCゲームでもハイクオリティなものが多い中にポンと投げ込まれると古さが目立つよなー、と。今はそうでもないかもしれないけれど、例えばさらに10年後に見たらちょっと受け入れ難いかな、と思ったり。

その点ドット絵なら、それ以上の古さがないので、すんなりと遊べそう*1


ポリゴンでも、パラッパとかどこでもいっしょ、みたいなデフォルメの方向に進むとそういう時代臭さみたいなのは抜けるとは思うんですけれどね。

[]ブログトラ

勝手に変化している、というか自分から対戦を申し込まなくても、誰かから戦闘を挑まれていて、その記録を見る楽しさもあるかな。

あと、挑戦者有利の仕組み*2はどうかな?と思ったけれど、負けっ放しではいられない、という心理を利用して能動的に対戦を求めるようしむけているので、その点はなかなか面白い。

今後飽きないように、成長の度合いとかレベルアップなんかが図れると面白いかな。とは言っても、初めての人がアルファブロガーには手も足も出ない、じゃ楽しくないからバランスの調整が難しいか。

[]*2.0奴隷

いぬビーム - 2.0奴隷

セキュリティ意識は一般人よりも高いが、自ら積極的にブックマークには個人情報を晒す。

空き時間があればブックマークを繰り返し、休みの日でもブックマークを欠かさないことで、日々のブックマーク利用時間から大まかな生活状況を割り出すことが可能。もちろんこれはブックマーカーだけでなく、ブロガーとて同じである。趣味趣向も明らかで、野球が好きなのか、サッカーなのか、それとも将棋なのか、または音楽好みの傾向や、著作権などの法令についての遵守意識の度合い、思想の左右などを判断する情報を日々全世界に向けて提供し続けている。

[]何であんなところに人が住む?のその後

痛いニュース(ノ∀`):豪雪地帯で雪下ろしボランティア募集中。交通費宿泊費は自己負担、貰えるのは感謝の気持ちだけ

昨年シーズンとの空気の違いが面白い。

まァこのときの議論はボランティア云々というより、自衛隊派遣するかどうか、っていう辺りが焦点だったけれど。

あと、真面目に書くと、雪下ろしは屋根に上って作業するので、慣れないと危険なため無理な参加はやめた方が良いです。わざわざ遠い雪国に行くより身近で困ってる人もいるだろうから、そちらに目を向けた方がいいんじゃないかなとは、思いますね。

[]チェーンメールにする意義がある(たぶん)例

弁償するとき目が光る : JASRACからメールきたんですけど

これと同じ文面で5人に送るようチェーンメール化したら、本当の JASRAC からのメールと区別がつかなくなってしまうので、 JASRAC としては事態収拾のために取り下げたりしないだろうか、とふと思った。

いや、もちろん、チェーンメールデマも呼びやすいので送っちゃダメですよ。対象がブログだけだと、該当する人間が少ないからってSNSに書き換えるとかも、当然やってはいけませんし、着メロとかにも言及した文面に換えて携帯メールで送る、なんていうこともやはりしてはいけません。ダメ、絶対です。ええ。


追記

そもそもあのメール自体がチェーンメール/スパムメールかもしれないけれど。

*1:個人的にはドット絵好きなので、一般的は違うかもなー。

*2:慣れてくると、強いまほう連発で概ね勝てる

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061219

20061218Mon

[]idの読み方とか

自分の傾向も含めて

といった違いがあって面白い。

そのユーザーをよく知っていると、サイト名やハンドルネームまで印象残るけれど、ブックマーク経由でしか見てないとかだと、idでしか憶えないとか。まぁidを憶えているだけでも良い方だけれど。

[]10代の取り込み

POLAR BEAR BLOG: 携帯ホームページ = 次のSNS?

これくらいの世代を、ダイアリー共有デザインとかに取り込めないものかなと。来年辺りにはちょっとその解説なんかのエントリーを書ければいいな。

スタイルシートをいじってカスタマイズ、っていうのはやりだすと楽しいからね。携帯ユーザーっていうとその辺が難しいけれども。

[]あと年内のはて袋

うーんと今年中は、はてブクロニクルネタ切れっぽい。もう1度更新できるかな

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061218

20061217Sun

[]みんな何を見ているのだろう?

http://b.hatena.ne.jp/entry/1639907

[]スーパーマリオブラザーズ3

ふとスーパーマリオブラザーズ3をやりたくなって、ちょっと探してみる。

SFC版のマリオコレクションに収録されているのは、知っているしそれがWiiVCに配信(まだ予定かな?)されるというのも分る、けれどやりたいのはFC版。

でもって、

スーパーマリオブラザーズ3 - Wikipedia

 ↓

スーパーマリオアドバンス - Wikipedia

 ↓

スーパーマリオアドバンス4 - 任天堂

で見てみると、マリオコレクションに収録されていたバージョンなのね。

そーかー、FC版のスーパーマリオブラザーズ3はないか。


Wii でも FC版はさすがに配信しないだろうなぁ。

マリオコレクションが配信されればその意義は無いだろうし。となると、スーパーマリオブラザーズ3中古屋さんで探してくるしか方法はないか……。


それはそれとして、マリオはさすがに色々なバージョンがあるのね。マリオワールドとか若干アレンジされているし

[]FFT

なんか新キャラクターも出るみたい。

まァそれの予測は難しいので、ありそうなパターンとしては、仲間にならなかったキャラ新たに加入するというケース。バルマウフラは戦闘シーンがあったりするんじゃなかろうか、と。まぁ彼女は仲間にはならないだろうけれど。

うーんと、例えばセリア&レディは勧誘が出来るとか。


えーとあとはあとは、思いつかない。

他にありそうなのは新モンスターかな。


通信プレイで思いついたのは、友達のモンスター勝手にタマゴを産み付けてくる、というもの。まぁ迷惑極まりないよな。他にはモンスター悪魔合体や、交配、友達とモンスターを使ってバトルするポケモン「まじゅう使い」モード、とか。

あと、邪悪なのは人間も「密猟」の対象なる、というアイデアタクティクスオウガでやたらと強い剣が増えたような悲劇が再び。

[]クリスマスレイアウト

どうも間に合わなそうっぽい、すみません。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061217

20061216Sat

[]FFTPSP

ジョブとかは気になるけれど、まァ実際もうちょっと隠し要素が追加されるだろうから、そちらも気になるな。

思いつくままにあれこれ書いてみる

  • サウンドノベルが追加とか
  • 剣聖の弱体化
    • 批判も多かったので
  • ソルジャーの人がマテリアブレイドなしでもリミット技が使える
    • これは是非
  • 政宗が手に入りやすくなる
    • 獲得するのが難しいから
    • 侯爵からは盗めなくてもいいけれど
      • それだと入手する時期としては早過ぎる感がある
  • アルテマの強化
    • ちょっと使い難い
  • ティータが生き残るシナリオ
  • 天騎士の生前の勇姿が見れる
    • 雷神と比肩する強さだっけ?
    • 五十年戦争がどのようなものだったか、オープニングムービーの延長で
    • 少なくとも、エルムドア侯爵の活躍振りは見てみたい
      • 初登場シーンはカッコ悪いから、一瞬でもいいので見せ場を
  • バルマウフラの戦闘シーン
    • これはあるかな?
  • オーランの仲間入り
    • 能力が高過ぎるが故に無理か
  • 新しい召喚魔法
    • これは多分追加されるだろうな
  • 算術士の除外・弱体化とか
    • どうだろうなぁ、私は2回目以降は封印したけれど
    • 1度目のプレイではかなり助かったのは事実
      • MP消費などのなんらかの制約はつくかも
  • チョコボ騎乗の強化
    • なんとなくあんまり活かされていなかったシステムのような
    • チョコボ以外にも乗れるとか
    • あと、仲間モンスターの背中を踏み台にジャンプ、といった移動法もあるのだけれど、あまり使われなかったな*1
  • モンスター仕様変更
    • タマゴで高レベルのモンスターが次々に生まれるので、育てる意義がない
    • ビリティを付加できるとか
  • 巨人強化
  • 真言使いは……、うん、まぁ、どうでもいいや
    • 範囲指定ができるとか、当たりやすくなって極端に強くなってもそれはそれで、、、ねぇ
  • そう言えばFFTには巨乳とかメガネっ娘なんかの萌え属性ってなかったね
    • というわけで、新ジョブ・新キャラ(いるかな?)はそれらの要素を中心に追加とか
  • 白刃取りの制限
    • 弓矢や銃などは不可など
  • エンディングが続編を匂わすようなものに変更

[]FFTプレイ記録

一応書いておくと

プレイ

初めてのときは、レギュラー主人公雷神テンプルナイトドラグナーソルジャーの人。

ジョブ剣聖テンプルナイト、召喚士(ドラグナー)、風水士+マテリアブレイド主人公はちょっと記憶曖昧なのだけれど、どうにかアルテマを使いこなそうとしてたような記憶がある。当然、ホーリーナイトの人はレギュラー落ち。

またとにかく算術を使いまくってて、主人公雷神テンプルナイトに算術を使わせて楽々クリアしたような。


2度目プレイ

2度目のときは攻略本が手元にあったので、それを見つつ、色々検討しつつ。

見事にだまされて、源氏シリーズを盗もうとしたり。

で、2度目以降は算術は強過ぎるので自主封印、その代わり拳術なんかを雷神につけてみたり……、それでも強かったが。

レギュラーメンバーはそれでも変わりなく。ホーリーナイトの人は文字通りホーリーを使えるようにしたり、色々と強化策をこうじたものの、最終的にはベンチ組に。

このときは主人公魔法使い系で、補助役に育てたような……。その所為で一騎打ち戦で苦労した憶えが。


3度目プレイ

これは1.2度目からはかなり間があいて、何年か振りに久しぶりにやってみようかな、という感じだったな。

それでも最初っからやり直すのはかったるいので、チョコボの不思議なダンジョン付属してたおまけディスクを利用して、最初からソルジャーの人がいるバージョンでやった。でもリミット技は使いにくかったので、専ら忍者として投入。武器を増やす裏技もこのときには知っていたから、それらを投げまくり、楽に進めたな。

あとドラグナーの人は、ルーンブレイド二刀流で引き出すを使わせてた。香水ヘイスト、移動はテレポで。


[]うぃーさんのストラップ問題

これから発売されるゲームは、思いっきり振らないようなものになるのだろうか。


まぁ妥当なのは次期バージョンのリモコンデザインを変更するとかだろうけれど。あとは、事故防止用のグッズ制作をする会社とかもありそうかな。

*1ネルベスカ神殿くらいか

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061216

20061215Fri

[]恐怖バトン

Wiiが当たらなくて残念な気持ちと、無用なプレッシャーを受けなくてすんでホッとした気持ちも。

[][]高度に発達した○○は××と見分けがつかない

適当な2つの単語を入れて、ネタに出来ないかと思いついたら、既に同様のスレッドがあった。

google:高度に発達した 魔法 と見分けがつかない

やっぱりすごいな、2ちゃんねる

[]2006年でよく目にした言葉

角丸

[]2006年でよく目にした言葉その2

アクア風ボタン


えー、と半透明でテカリがあるようなヤツ。

[]↑とかで

なんとなくWeb2.0風のデザインって様式が確立されてきたなー、という印象。


角丸で、やたらと半透明で、とか。っていうか、フォントの選び方からなんでも、maciPodなんかの影響っぽいな。


それがcoolで、カッコイイ、みたいな風潮か。


ふーん。

[]みんなで絵文字作り

アメブロって重いし、アフィリエイトばっかりのブログが多いイメージがあるので、ほとんど見てなかった*1から知らなかったけれど、なかなか面白い機能。

ただ、ライセンスがどうなのかは良く分らんなー、どこに書いているのか探せない。

作成した絵文字は全て公開され、アメブロ内で自由にお使いいただけます。アメーバヘルプ - みんなの絵文字について

これじゃ曖昧だし。


はてなだと、カウンター画像なんかは GPL なのだけれども、それだとアメブロ以外でも使われる可能性があるから、そういう規約にしないだろう、と思われる。

なんにせよ、自由に作れそうで面白い機能だとは思う。文中に絵文字を使いたいかはさておき、アイコン作りでコミュニケーション、っていうのは楽しそう。

*1RSSリーダーで読んでいるのはあるけれど

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061215

20061214Thu

[]役立たずな孫でスミマセン

そう言えば以前にこんなことがあった。


亡くなった祖父の兄弟(私からすれば大叔父)が、その祖父の夢を見たというので、時期はずれだけれども墓参りに行ったことがあった。曰く、何か伝えたげな様子だったらしい。

それを聴いて思い出したのだけれども、私の夢にはかなりの頻度で祖父が登場していたのだった。

大概 私が小学生くらいになって、一緒に祖父と遊ぶ、といった内容だった。もしかすると、祖父は何かを伝えたかったのかもしれないが、私は遊んでばかりで何にも不思議に思わず、普通に過ごしてしまっていたから、呆れてしまい仕方なく兄弟の方に行ってしまったのだろうか。


考えてみるとその件があって以来、祖父は夢に出てこなくなったな。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061214

20061213Wed

[]散歩中とかにアイデアが浮かびやすいのは

  • 頭の中にあるそれまでのインプットはせいぜい限りがあるので、新しい刺激からアイデアが生まれるから
  • 散歩中などで周りを見ることで、今までのインプットから連想されるから
    • 例えば、咲いている花を見て → 花の絵柄の本を思い出す → 「そう言えばあの本のフレーズに……」など

だろうかな、とふと思った。

あと、比較的単調な作業をやっているときにも、思いつきやすいような。これは身体を動かすことが適度な刺激になるのかな。


[][]はてブスパム対策

スパム対策をしてたの、ということにも驚きだけれど*1、どうやって判定しているんだろう?という点が気になった。


じゃあ、まず自分はどう判定しているか?というと

辺り。

なんにしても、ブックマークエントリーページを見ないと分らないから、判定は面倒だけれど。概ねここらを気にしているかな。


スパムフィルタを逆手に取って

わざと人気エントリーを貶めたりする、というのも流行りそうだ。

[]うっかり死にかける

アイデアの話とはちょっと違うけれど、九死に一生の経験というのは、誰にでも話やすいし命に関わる問題だから、使い勝手もいい。

これを気軽に体験できないものか。


もちろん、本当の窮地に追い込まれるのは難しいにしても、ライトな瀕死体験というものを人為的に提供できるサービスとかどうだろう。

まぁ、遊園地絶叫マシンなんかはライト恐怖体験、という点ではそうかなー。実際、富士急ハイランドドドンパに乗ったときには、まさに「死ぬかと思った」みたいな乗り心地だったし。


以前に知り合いが、

もし、命が1つではなくて、2.3個あるのだったら、どんな無茶なことでも試すだろう

みたいな喩え話をしていて、なるほどなーと、まぁその後で1つだからこそ素晴らしい、みたいな話になるんだけれど、娯楽として簡単な恐怖体験みたいなものも、アイデアの発想には役立つかな、と思いついた次第。

*1diggでもdel.icio.usでも対策はやっているので、それほど驚くことでもないか

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061213

20061211Mon

[]腰のストレッチ

まだどうも続かない。サボりがちだな。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061211

20061210Sun

[]特殊インク付着の紙幣

セブン銀行 | 【お願い】緑色の特殊インク付着の紙幣にご注意ください!

なかなかユニークな対策方法だけれど、紙幣に特殊インクを付着させるのは法的にはどうなの?


まぁ、それはさておき、これがきっかけで犯人検挙とかになるとより面白いなぁ。

[]百傑

subtechグループ - ピンク ブロッサム ダイアリー - はてな百傑 by はてなブックマーク

はてなダイアリーの被ブックマーク百傑には入ってしまっているんだけれど、被アンテナだとランク外のような気がする。なんとなく。

というか、アンテナ向きとブックマーク向きのブログってあるので、そちらで比較しても面白いかもなー、と思った。



ただ、被はてなRSS登録はなんか違うような、個人的に livedoor Reader を使っているせいもあるけれど、ちょっと傾向が良く分らない。

これはこれで、アンテナ登録数が多いダイアリーと、RSS登録数が多いダイアリーで分れそうな印象。イメージだけで調べもしないで書いてみると、はてな歴が長いとアンテナ登録数が多く、短いけれどブックマーク数が多い、とかいう場合はRSS数が多い、とか。


気になってちょっと調べてみた、自分のダイアリー被登録数

rss rss2
はてなRSS44users4users
livedoor Reader44users4users
Blogline17users1users

はてなRSSとlivedoorReaderが同数なのはビックリ。まさか利用者が全て両方使ってるわけじゃないだろうけれど、すごいな。私は一応検証の為に、両方登録しているけれども*1


My blog is worth $6,209.94.
How much is your blog worth?

あと、主要RSSリーダーの登録状況を調べるサービスってどこかであったような憶えもあるけれど、忘れてしまったトホホ。ついでなのでこちらもやってみた。

 

まぁ、どう見ても底辺ブログです。



それなのに被ブックマーク百傑に入っているのが、違和感あるんだよなー。


*1:rss2の方は登録してない

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061210

20061209Sat

[]ネット全体で2006年を振り返るとYouTube

あちこちで書いていますが、やはり今年のキーワードとしては YouTube 抜きでは語れないです。

YouTube著作権を巡る問題と絡めて、色々と議論があるようですが、そちらではなくてプロモーションの面で鑑みれば、印象的な事例は OK GO でした。

http://www.youtube.com/watch?v=Kw0YHv3ub-k


これとかね。

http://www.youtube.com/watch?v=pv5zWaTEVkI


http://www.youtube.com/watch?v=lNU33UVYhRE


参考

ま、YouTubeだけでなくて、MySpace という面からも考える必要はあるンだろう(たぶん。あまり詳しくは知らないので)ただ、こうした制作費・予算そのものは少ない PV かもしれないけれど、アイデア次第で盛り上げることが可能っていうのが、衝撃的でした。

例えば1億円予算がないなら、1億円分の知恵を出さなくてはいけません。

1億円分の知恵。

年収500万円の人が、20人、1年間考え抜いたに等しい知恵。

そう考えると、これはすごい質の知恵でなくてはいけませんからね。

MuuMuu television - 人間風車#082 - 1億円分の知恵

従来であれば、ここまで話題になるためには、プロモーション費用も多くかかってしまったでしょうが、YouTube にアップしてしまえば閲覧者が勝手ブログなんかで紹介してくれますからね。


それだけ、あの PV の作り方、話題の広げ方が巧い、というのも印象深いし、何よりも「映像」の力が強いなと実感しましたね。

例えば従来の 文章と写真イラストでのページなんかで告知では巧くいかなかっただろうし、Flashムービーとかでもダメだったろうな、と。

また面白い PVを作るだけでなくて、観た側が参加できるような仕掛けを作る、とか、そういう映像を手軽にアップロードできる場(YouTubeなど)が用意されている、というのも考慮してのプロモーション戦略と考えると、感心することしきり。


こうした話題の仕掛け方、というのはもう既に企業も参加してますし、来年2007年以降はもっと映像を使ったアプローチが盛んに行われそうだなぁ、と感じます。


日本の場合だと

印象的なのは、アニメ涼宮ハルヒの憂鬱」でしょうか。

エンディングテーマダンスシーンを模した映像フィギュアなどにストップモーションで躍らせたり、という作品が YouTube に掲載されるなど放送期間中から話題になりましたね。

制作者側はどこまで、そうした YouTube に投稿されたものを把握していたのかは分りませんが、興味深いのが放送終了後に件のダンスシーンの フルバージョンの絵コンテ を公開したこと。これは、YouTubeでの作品なんかをかなり意識しての、絵コンテ公開だったと思います。

それを元に実際にダンスを録画して投稿する方もいるなど、あれをきっかけに再度盛り上がりました。

こうした形での話題提供は面白い試みですね。一方で全話YouTubeに載せられる、という事態には取り締まる必要があったりして、公式でYouTubeを全肯定するというのは難しいとは思いますが。


映像の持つ力

何かを伝えるに当たって、音と動きが同時に扱える映像というメディア情報伝達量が多いな、と思います。わざわざ文章や図を使って説明するより、短い時間でも映像があった方が雄弁に語れることもありますね*1


個人的には映像で何かを表現する、ということは経験が少ないので、興味はある分野で来年は挑戦してみようかなー(鬼が笑う)。

あとこれもブログブームみたいに、流行るのか?というと参加障壁が高いので誰でも簡単に、とまではいかないでしょうが、携帯電話なんかでの投稿とかでは今後、作品が増えるのかもしれませんね。あとは簡単な編集ソフトウェアとかの需要もありそうですし。



YouTubeで見るテレビ

他には私の個人的な話ですが、最近めっきりテレビを見なくなったので、話題になったものを YouTubeで補完することが多くなりました。

前述のアニメ涼宮ハルヒの憂鬱」にしてもそうで、これの場合は放送エリアではなかったこともあるのですが、YouTubeで見たり、また最近人気のお笑い芸人さんはテレビではなく YouTube から知ることもありますね。


[]はセリ過疎

たまにしか見てないので、過疎化しているか?とかはよく分らない。

過疎になってるのかな?

[]長い文章を避ける

現在レイアウトは違うけれど、長らく固定幅でやっていたのは長い文章を避ける意味もあった。

誰より自分に向けて。


うっかりすると私はダラダラと結論もないような、文章を書いてしまうので、なるべく短くと意識しているつもり。図やリスト表示をするのはそのためで、短くまとめられないのでボツにすることも。

長文であっても読みやすい、分りやすい文章はあるのだが、どうも自分では巧くまとまらないので。最近はまた文章が長くなる傾向があるようだが、その辺りは気をつけて行きたい。

[]良かった。復帰おめでとうございます。

休養中の神谷浩史さん一部の仕事再開へ

事故以降休養されていた、神谷さんが一部の仕事再開と来春には完全復帰の見通し、とのこと。

*1:あ、でもFlashムービーの時代からこれは実感してたな。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061209

20061206Wed

[]私が選ぶはてなダイアリーアワード2006

みなさんもやったらいいのに、はてなダイアリーアワード2006 -

こちらは、自分でも選考中。

実際に発表するのは、クリスマス以後にしようかと思っているので、今はだらだらとブックマークなんかを読み返したりしてます。でも、一昨日の日記にも書いたのですが、印象的だったエントリー現在は見れないなど、ちょっと残念だったり。


そうそう、印象に残ってるエントリー、というとどうしても長文物をチョイスしてしまうのも難点。短文でも優れたものがあるんだけれど、そういうのはブックマークしてなかったりして、後から考えると困るなぁ。


あと、私に選ばれたからといって、当然なんの価値もないですよ、と。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061206

20061205Tue

[]偽札ブーム

痛いニュース(ノ∀`):おじいちゃん、孫にすり替えられた偽札を知らずに使い通報される

そう言えば偽札を使った事件が頻発した時期があったけれど、あれはなんだったんだろうか。お札が新しくからなるとは言え、妙な現象だったな。


星新一小説で、

盗みに入った泥棒がその金で豪遊していたところ不審に思った警察に捕まってしまい、さらにその盗んだ紙幣が偽札であることが判明、自らの潔白(というのも変だけれど)を証明するために、盗みに入ったところに戻る

というものがあった*1

ここでは通貨偽造の罪を被るよりは、窃盗を自供した方が良いという前提なわけだが、厳罰を知ってても頻発するのだものなぁ。


[]私がセルクマをしない理由

なんかセルクマが再度話題になっているようですね。


以前にも書いたのですが、私の場合セルクマを避けているのは

セルクマしたはいいが、だれもつづかない シナトラ千代子 - セルクマ恐怖症

という状況が容易に思う浮かぶから。


中には自分のエントリーに自信がある人もいるようで、そりゃあ結構なことですが、私はそんなに自信がないです。

あと、ネットにそんな増上慢たちの自信満々なエントリーばかり蔓延したら、うんざりして読みたくないな。私はどちらかと言えば、「ブックマークされることを意識して書かれたエントリー」よりも、そうでないエントリーの方が興味があります。


でもって、そういうエントリーブックマークをすることもあるし、儀礼的無関心からブックマークをしないこともあります。

評価を受け続けて、磨かれる文章もあるでしょうが、その過程で失われるもの、注目されることで表現できないこともありますからね。


*1:そのストーリーにはさらにオチがあるけど、ネタバレになるので割愛。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061205

20061204Mon

[]今年

今年一年ブックマークを振り返り中。

思っていた以上に閉鎖なり、移転していて読めないエントリーが多い。

[]たぶん気になるだろう

1.2行程度の短文エントリーに[あとで読む]ってタグがついてたら、相当 気になるだろうな。それを読めないなら、どんだけ忙しいのだろうか?とか。

まだ経験ないけれど。

[]はてなWordLink最強説

やれ匿名ダイアリーだ、わんわんワールドだ、はセリだなんてもてはやされてるはてラボで、一つ目立たない Wordlinkですが、あれは最も完成度が高いサービスだと思う。

言葉が繋がる、という面白さもさておき、自分の趣味趣向や方向性がまるで鏡を見るかのごとく、キーワードクラウドで表現されるのは、やればやるほどその魅力の恐ろしさに気がつくはずだ(たぶん)。


だからこそ、私は怖くてやらない、っていう。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061204

20061203Sun

[]着ぐるみが怖い子供

【2ch】ニュー速クオリティ:ルイージ、マリオを装ってWii販売会場に忍び込むもバレて連行退場。

真偽の程は分らないが、そう言えば着ぐるみを異様に怖れる子供というのはいる。あれは異形なものが怖いのか、中の人人間性が分らないのが怖いのか。

@nifty:デイリーポータルZ:蛙相撲を見た

そう言えば、こちらも同じようなことかな。

[]あと

パンツ騒動に言及したらめっちゃアクセス数が増えて、うへぇと思った。

普段がせいぜい100~200pvくらいなのに、2,000pvとか。こりゃ揉め事に参加する人は増えるよなー。今後は避けておこう。

[]個人的メモ

[]後から探す場合

今更ながら「ブログシューター翔」は振り返っておいた方がいいのだろうか。

当時は現在魔法少女シリーズと違い、そんなに追っかけていなかったので、全体的な流れが把握できてない。[あとで調べるかも]


ただ、ブックマークが既にあった頃なので、あとからでも追っかけやすいのは確か。これが2004年2003年ごろの話題だとちょっと難しいな。


あと、「ブログシューター翔」の場合コロコロコミックで連載してたマンガイメージで共通認識を得やすいけれど、魔法少女の場合は時代・世代で思い浮かべる魔法少女が違うだろうから、設定がまとまりにくいんじゃないか仮説、というのを思いついた。

[]来年の今ごろは

戦隊シリーズライダーシリーズになっているんだろうか。あ、でも、ブログレンジャーっていたよね。

[]Wiiの話題

Wii購入を宣言してた人が更新してないのはそれだけ夢中になっているって事か、くそぅそれはそれでうらやましいな。


あと、クラスメートWiiを買って、その子のところにみんなで遊びに行く、っていう辺りが理想的なWiiイメージだな。でもって、居間で子供達が遊んでたら、その子のおじいちゃんまで参加するとか。


ファミコン世代としては、ファミコンをやりに友達の家に遊びに行くっていうのはよくあったしね。ツインファミコンがあるの?とかで、友達と押しかけたり。世代が変わっても今でもあるんだろうけれど。


あ、でも今日は雪降ってきたから、子供は外で遊んで欲しいな(どっちだ)。

[]ゲームライバル

そう言えば、はてなわんわんワールドが段々とユーザーが減っていった理由としては、もちろん飽きられたとかもあるンだろうけれど、FFの発売があったというのも理由じゃないかと思ってる。

という流れで。

または、中の人FFやり始めたから*1恐竜が出てこなかった、とか。まぁ、実際のところはどうか分らないけれど、わんわんワールドみたいにリアルタイムコミュニケーションをするサービスだと、その占有時間は色々な競合相手と取り合う形になるんじゃないかな。


あとは、3月、4月で生活環境が変わった人も多い、というのも大きいだろうね。


[]しなもんにはしっぽがない

目下の関心は「魔法少女はてなちゃん」に出てくる「しなもん」のしっぽ。

実際のしなもんは、おそらく断尾を受けているため、しっぽがないのだけれど、「はてなちゃんに出てくるしなもん」は別にその設定じゃないので、しっぽがあってもなくてもいい*2


魔法少女はてなちゃん」の「しなもん」にしっぽがあるイラストが多いのは、一般的なイヌイメージがそうだからなんだろうな。私も最初はしなもんを描いたのに、しっぽつけてたし。

f:id:rikuo:20060222200421g:image

なので、しっぽを描いてしまう心境は理解できるし、別にしなもん原理主義者ではないので、毎度指摘はしないけれど、気になることは気になる。


あるはずのないものが、そこに描かれてしまう不思議とかかな、心境としては。

またはイヌの絵なら癖でしっぽ描いてしまう、という感じかもしれない。

あと、「はてなちゃん」に出てくる「しなもん」はコーギー犬がモデルだ、というのも知られていないこともあるだろう。


ちなみに、断尾してないコーギーはかなり立派なしっぽを持ってます。

*1:naoyaさんはやってたけれど、他の人はどうだったかは知らない

*2:というか、コーギー犬でなくてもいいけれど。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061203

20061202Sat

[][]SPAMメールで感じる季節

クリスマス関連のスパムが増えてきた。


これってspam? - ただのにっき

ターゲットを絞られたスパムメールって嫌だよなー。なんか「一匹狼の大群」みたいに矛盾した言葉だけれど、例えば私の場合

イラスト使わせてもらいました

私のブログは http://~

みたいなメールが来てたら、たぶんクリックしてしまいそうだ。素材関係サイトを狙い撃ちしたスパムメールとか怖いな。

[]当事者ってどこまでが当事者

断片部 - floating between - お返事---ブクマコメに対する責任について

丁寧なご返答ありがとうございます。

自分は違う考えを持っていて、おそらく読者自身が持っている気構え方、重み付けを読むときに適用するのではないかなと思います。だから、「同じような発言」に映るかどうかは疑問です。断片部 - floating between - お返事---ブクマコメに対する責任について
各自で発言の場への重み付けというのは違ってくると思います。そして、それは責任に対する意識も同様でしょう。*1
(※脚注)
*1:ただ、蛇足ですが、はてブコメントについてはある一定のコンセンサスは得られているように思います。スルー力というのはなんですが、掃き捨てられるはてブコメントについては何度となく話題になっているし、それが注目を集めることが多いので。断片部 - floating between - お返事---ブクマコメに対する責任について

この点はその通りで、はてなブックマークを初めて目にする方ならともかく、日頃ブックマークを利用している方であれば、ある程度コメントの傾向は把握しているでしょうから、読む側としてもそれほど深刻に受け止めないことも多いですね。

もちろん、だからと言って軽んじられるものでもないですが、過剰に責任を意識するものでもない、とは思います。


ただ、実は

ただむしろ論点にしたかったのは、別のことだったように思います。断片部 - floating between - お返事---ブクマコメに対する責任について

その論点については、意図的に外しました。


というのも、自分としてはまだ判断がつかない部分でしたので。

最終的には、当事者間のみで決まるものじゃないか、と自分は思っています。断片部 - floating between - お返事---ブクマコメに対する責任について
責任の取り方は人それぞれでしょう。もちろん、一般的な責任のとり方というのはあるでしょうが、それは当事者でない人からの評価に影響するだけで、究極的には当事者間で規定されるものだと思います。だから、
書き込んだ内容については書いた人と書かれた人両者の問題であって、周りがあーだこーだいう問題ではないと思う
と書いたのでした。断片部 - floating between - お返事---ブクマコメに対する責任について

責任については、最終的に当事者間で決める問題である、という考え方には私も同意なのですが、周りにもあーだこーだをいう問題ではないか?とも考えています。


喩え話になりますが、道路でカップルが言い争いをしていたとします。

この場合、諍いの最終的な決着についてはその当事者であるカップルが決める問題、ではあります。ただ、家で言い争うならば自由にしてもらって結構ですが、往来の真ん中で騒いでいては迷惑で、そのことは周囲の人間にとっての問題でもあります。

これは、その道路を利用する人間にとって「当事者」となるのではないか?と*1


ただ そうは言っても、じゃあ、はてなブックマークコメントが、この比喩で言うところの「道路」に当たるか?と問われれば私自身も「違う」という認識なのですが、ある面では近い部分があるんじゃないかなと思うんですよね。



うーんと、ちょっと説明が長くなりますし、えーと、漠然としたイメージと印象で書いているんで、穴だらけの認識なんで、スミマセンが我慢して聞いて下さい。


あらかじめ断ると結論もぐだぐだです。



ここではブックマークコメント欄の話の前に

というコミュニケーションを考えてみたいと思います。


メール

ネットでのコミュニケーションを考えたときに、直接的な対話というとメールが挙げられます。

単純な1対1のコミュニケーションですから、他の誰も登場したりはしません。ここで仮に何かのいざこざや論争になったとしても、当事者間で解決する問題ですね。

他に1対1のコミュニケーションとしては、Web拍手などや、メールフォームを使ったもの、1対1の Skypeメッセンジャーなどもこの図式になります。


ブログコメント欄

これはブログ管理人と、コメントをする閲覧者との図式となります。

コメントをする側は多人数と、相対する管理人は1人*2ですが、主体となるのは管理人の方ですね。話題も自然エントリーの内容や管理人についてのものになるでしょう。

コメント管理人と議論、または、

コメント欄で書き込んだ者同士の議論になる場合もありますが、この際には管理人の裁量で決着を図ることになります。ここでは管理人コメントなどを削除する権限がありますから、この場を治める役となります。

この場合、当事者管理人とそのコメント主、またはコメント欄で議論となっている相手ですね。


ブログで言及する

これはリンクトラックバックなどを使っているのを想定しています。ちなみに、紫の人たちはサイレントマジョリティです。色が単一なのは他意がある訳でなく、色を変えるのが面倒だったので。

こちらの場合は議論となっているのは、それぞれのブログ管理人です。

議論によっては他のブログも加わることもあるでしょう。

このときに、そもそもの当事者である2人からして見れば、新たな登場人物なわけですが、この場合はどうでしょうか?

ケースによって様々ですが、

「部外者はすっこんでろ!」「関係ねぇーだろ!」

ということもあれば、そのまま当事者として加わることもありますね。

そして、当事者たちがそれぞれ議論していくわけです。



ブックマークコメント

ではブックマークコメントはどうでしょうか?

エントリーブログを書いた管理者が1人、相対するのがブックマークユーザー多人数という構図はブログコメント欄と一緒ですが、ブログコメント欄と違い、ブログ管理人からはブックマークコメント削除するといったことは出来ません。


また、例えばの話ですが、ブックマークコメント欄ユーザー同士が言い争いになったからと言って、被ブックマークされたブログ管理人裁定を求めることもないですね。

そんなユーザー間の諍いはブログ管理人にとって関係のないものです。


ここでは、ブックマークコメントは元ブログの関連があるように見えますが、実際は別のコンテンツです。

はてなダイアリーを利用していると、はてなブックマークは近しい存在ではありますが、例えば他のソーシャルブックマークサービスで話を置き換えてみた場合

分かりやすいでしょう。

自らが用意した場ではなく、ブックマークユーザーが自由にコメントをつけているわけですから、管理する義務はありませんし、それをコントロールする事はできません。



ブックマークコメントはある面では、ブログコメント欄に近いように見えますし、そのコメントブログ管理人に向けられたものでもありますが、またある面ではブックマークユーザーの個人的なメモ、として使われていることもあります。


ただ、どちらにせよ誰でも見れる場所であることには変わりません。

その点はブログ同士の議論に近いとも、言えるのではないでしょうか。



そこで、先ほどの喩え話ですが

ここでの、

  • 「家」で言い争いをする場合を「パーソナル」な空間でのこと
  • 「道」で言い争いをする場合を「パブリック」な空間でのこと

と仮に定義した場合

こうした軸でコミュニケーションの違いがあるんじゃないかな?と私は思っていたりします。

つまりは、周囲により当事者として意識されるコミュニケーションなんじゃないかなと。ブックマークコメントの位置付けは赤い丸の辺りですね。



ですが、ブックマークの使われ方は様々ですし、まだ歴史の浅いツールではあります。

私の認識としても、これで断言しているというわけではなく「こうなんじゃないかなー」「でも違うかもなー」というくらいの浅い考えで、明確な線引きをしているわけじゃないです。それぞれケースによっても違うでしょう、「外野は関係ないだろ!」という議論も多々あります。


なので、「最終的には当事者の問題」はその通りでそれは同意ですが、「当事者」ってどこまで?誰まで?「当事者」と言っても広くも考えられるんじゃないかなー、でも違うケースもあるなよー、まだ自分でも整理できてないなー、という非常に曖昧結論でした。


[なんかスミマセン][50%クオリティ]



追記

ちなみに、↑上で使っている画像は毎度のことですが、自由に使ってもOKです。キャプションなんかを入れなかったのは、そのため。


[ご自由にお使いください。]


[]結局降らなかったけれど

何やら月曜もあやしげな空模様みたいなので、タイヤ替えたった。腰痛い。

*1:もちろん「スルー力」を発揮させてスルーした方が、問題を無駄に複雑にせずに済むのですが。

*2コメントを書くのはグループ集団ではなく、1人1人別個ですから、部分で見ると1対1のコミュニケーションとも見れます。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061202

20061201Fri

[]はてなセリフタグ

とりあえずタグを付けてみました。

[]ピンホールカメラはあまり呪われていない

以前書こうと思って、ストックしていたんだけれどピンホールカメラそのもののマイブームが去ってしまい、タイミングを逃したので適当に書き直して公開してみる。


私がピンホールカメラを好きな理由の一つが「あまり呪われていない」からというようなややオカルトチックな考え方だったりします。


なんというかな、一言で説明すれば、カメラレンズは邪眼 な訳ですよ。

カメラを使っているうちに、段々と良い絵を撮りたくなってくるのは人のサガで*1、それは テロリストだって同じようなこと(3日の日記参照)なわけで、そういった欲望には抗い難い。

とか。


例えばデジカメなら、やれ解像度だ、手ブレ補正だ、接写だ、望遠だ、とか。

レンズとかも凝り出すとキリが無くて、それは広角だろうが望遠だろうと、それぞれどちらの方向にも深~い沼地がどっぷりとあるんで、どちらに進んで行ってもおっかねーなっていう世界な訳です。カメラレンズがあるからわざわざ戦場に行ったり、女の人をヌードにさせたりするわけで。


で、それを称して「呪われている」っていう捉え方を私はしているんですが、ピンホールカメラはそういう観点で言うと、その辺りのなんというかな、欲求というか、「良いものを撮りたい」と思わせるような衝動を起こさせる「呪い」が弱いというのはあると思う。

f:id:rikuo:20050510234918j:image

どうしても原理的に撮るのが難しい写真とかはあるし、ファインダーで確認するわけじゃないし*2失敗したって、まぁいいや、とか思えるんで、そういう意味で気軽に使えるカメラだから好きだ、っていう。

f:id:rikuo:20050510234748j:image

もちろん、ピンホールカメラだって弱いとは言え「呪い」があるんで、凝り出すとそれはそれで奥が深いんだけれども。

ピンホールの開け方や、その素材、アルミホイルなのか、銅箔なのか、厚さは?強度は?腐食への対応は?から始まり、真円に近い穴をどう作るか、とか露出の計算やら画角やら相反則不軌やら何やらこだわろうと思えば際限なく、手を尽くせるのが怖いところ。


ただ、それでも一般的なカメラレンズに比べれば材料も機材も高価じゃないのがメリットかなぁ。



という文章でした、なんとなくのイメージでの「呪い」という比喩なんですが、どうもうまく説明できないんですよね。

図を使った方が分かりやすいかな。

あと「呪い」は別にカメラに限ったものじゃなくて、他にもあると考えています。

自動車バイクについても私自身はそんなに、部品交換なんかしようとは思わないですが、好きな人は色々と手を加えたりしますから、そこにも「呪い」がある、とかね。


ここでの「呪い」というのは何もネガティブなものだけじゃなくて、「呪われている」状態はその人にとっては割と幸せな状態なんじゃないかな、とも思っています。まぁ何かに熱中している訳ですから、それはそれでいいのかなと。

なのでポジティブな効果も与えるような「呪い」という、概念なんですが、分り難い話だよな。


必要のない比喩で、却って分り難くなっている感じですね、もうちょっと考えて再度書き直すかもしれません。

[]閲覧者に空気までは届かない

断片部 - floating between - ululunさんを擁護したかった

まずはてブの使い方についてあーだこーだ言われる筋合いはない。2箇所にも書くなとか言われていた気がするけど、たしかululunさんはファーストインプレッションを書き込む場として使っているとかだったと思うので、それに文句をつけるのはどうなのかなあと思った。断片部 - floating between - ululunさんを擁護したかった

わざわざ2つ目を見なければいーじゃんと思ってしまうんですよね。ululunさんのリテラシーなら避けられるはずなので。

それでも気になってしまって再度ブクマまではいいとしても、それをやっておいた状態で相手に「気にするな」を求めるのか、というところにカチンと来て、「お前が言うな」と書きました。


しかし、それはそれとして、「気にするな」というアドバイスそのものは同意ではあります。



ただ、

書き込む場所であったはてブがそんなに深く考えなくちゃいけないツールだったら俺は使わないなあと思う。思ったことをぱっと書ける手軽さがあるからこそはてブなわけで。空気嫁だとかなんだとか、やりにくくてしょうがないよ。そう、この一点は重要だ。書き込まれた場所はblogではなかった。はてブコメント欄だったのだ。断片部 - floating between - ululunさんを擁護したかった

手軽に書ける便利さは大きなメリットですが、だからって発言とその責任に軽重があるというわけではないでしょう。

プライベートに設定している訳じゃなく、誰でも見れる空間で書いているのですから、相応の重みがあります。


確かに私自身、ダイアリーの方と、こちらグループ日記、またブックマークコメントブログコメント欄に書き込む場合、ではそれぞれに対するテンションや気構え方には違いがありますが、見ている側にはそれの違いは分らず、同じような発言として映るでしょう。


なので所詮道具ですから、はてなブックマークをどう使おうが勝手ですが、手軽にファーストインプレッションを書くとか、個人的なメモとか、の書く側の「空気」を読めるわけじゃないので、「ブックマークだから」どうの、というのは理由にはならないです。

まして、はてなブックマークコメントに書いた文章の責任が、減ぜられるわけではありません。


*1:もちろん個人差があるだろうけれど

*2ピンホールカメラでもファインダー作ってしまう人もいますが

ululunululun2006/12/02 10:49問題なのは、私も含めて「全てのはてなブックマークユーザ」がrikuoさんの意見に対して合意形成を得られるかという点、第二にブックマークコメントに限らず自分の価値観・考え方を根底から否定するような表現を「見てしまった」ときに私たちはどのようにすれば良いのか(黙ってスルーするしかないのか?)を私は問うているのです

rikuorikuo2006/12/02 21:59> ululunさんこんばんわ
え?そうですか?「全てのはてなブックマークユーザ」から合意形成を得なきゃいけないのかな?私は別にそうは思わないですが。ただ「みんな」を持ち出さずにululunさん自身は、私の意見に合意なのかどうかは知りたいですね。や、もちろん反論でも構いません。

2点目については、勝手に問うといて下さい。というか「気にするな」とアドバイスしたのでは?
黙ってスルーしないならそれも勝手ですが、プライベートの空間に書くならまだしも、パブリックな場で書く以上その行動については責任を負いますよね?
嫌なものを嫌と書くのは自由ですしそうした意見も必要、「気にしない」でスルーするというのも処世術としてはありなんで、私としてはどっちでもいいですが、ただやったことには責任とれよと思います。
また責任責任と言ってますが、このエントリーへのトラックバックでzoniaさんが「最終的には、当事者間のみで決まるものじゃないか」と仰っている通りなので、私が件の責任を問う立場ではないです。

ですが
はてなブックマークの批判を軽減する為のアイディア
d:id:ululun:20061130:hatenabookmark061130
みたいなアイデアで「誰でも見れる」から、「わざわざ合意をしてから見る」に変えるなんていうのは、
「オレは自由に書くけど、批判されたくないからお前らは空気読めよ」
みたく思えます。それって受け手に責任を被せているだけじゃないですかね。

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20061201