Hatena::Grouprikuo

ザオ陸

20060731Mon

[]ラジオ体操第2

今日初めて気がついたのですが、今の小学生ラジオ体操第2はやらないんですね。

第1をやり終えたら、速攻でスタンプ押してた。


って、おいおい、ラジオ体操は第2が本番でしょ。

あれの(がに股筋肉モリモリみたいな)格好をさせられる女子の「こんなポーズなんて恥ずかしい」と、ほほを赤らめて、若干伏し目がちにこっちを見る様子で、人生初の「萌え」を学ぶのがラジオ体操の本質であるわけで、それこそが日本の伝統的な芸能じゃないのka



……うん。やらなくていいよね。

[]第2

で、周囲の人に聞いてみたら、結構前から既に第2は省略していたらしい。少なくとも6、7年前くらいから。

たいした手間でもないと思うんだけれどな、5分程度の違いだろうし。


ただ、確か第1よりも第2の方が動きが激しくて、より難しい運動らしい、なんて事を聞いた憶えがあるけれど、それにしたってそんなに違うとも思えないしね。まぁ時間短縮っていうのはイイけど。いつ頃から変わったんだろうな。


でもラジオ体操の意義って、朝起きる習慣を身につけるとか、学校がなくてもクラスメートとの交流の場を与えるとかいう面もあるだろうから、第2の必要性はないか。

[]ポータル

ego port

みたいなことを、グループトップページでやってみようか。

RSSモジュールを使えばそれに近いことが出来るので。

載せる情報としては、

くらいかな、Flickrともう一つのblog放置気味だしなー。あとは被ブックマーク状況とか?


ホントははてなリングがそういうポータルっぽい使い方になるかなと思ってたけれど、いまいちうまく活用できてない。というか本家をポータルにした方がいいのか。


[]ソーシャルブックマークコメントは誰のものか

これはちょっと自分でも曖昧なので箇条書きで。自分用のメモ




    • ただ、メモ的な使い方というのは実際に私もやってるけど
      • でもそれを引用されたとしても、いいんじゃね?という立場



しかしそうは言っても


  • 喩え話に終始しない
    • blog掲示板とも違う別のサービスなのだから、あんまり喩えにはまり過ぎてもよくはない。


  • 自分の姿勢
    • 引用は自由にして結構
      • 自分の意識としては、メモでもあるけれど、blogに書きこんだコメントみたいなものだというとらえ方なので、それを引用して論ずるというのは想定されている使い方
    • ブックマークされる側としての意識
      • 基本的にはブックマークに書き込まれたことはスルー
        • なんとなくスルーするような作法になっている気がする(そんな雰囲気を感じるだけ)(私だけかもしれないが)
      • ただし、たまに気になったものとか、単純に間違いを指摘されたものについては対応
        • 引用するかどうかは状況によって判断
        • 引用することでより話が見えやすくなるとか、引用しない(または記録)しないとこれは書き換えられそうだな、というときには引用するべき



あんまりブックマークでの論争になったことがないので、その辺の対処法ついてはまだ手探り


あと、ある程度の無視が可能なのはブックマークの特徴かなと。例えばコメント欄に書き込まれた場合は反応する必要性に迫られるが*2ブックマークだと割とスルーしている。無視するコストが低い。

エントリーで反応しなくても、自分でブックマークして、ブックマークコメント欄で反応を返すことも可能だし


それと、ブックマークコメントに返す方法としては、fromdusktildawnさんの手法が一つの手段であるし、それが効果的なやり方ではあると考えている。今回みたいに何度も書き換えたりするブックマークは特にね。

ただ、無視をするとかメタブックマーク*3とかの手段もあるわけで、その辺の使い分けとかも必要かなと。今回は感情的な反発もあるみたいだし。

[]庭園美術館

日曜のNHK見たら庭園美術館で今まで未公開の部屋も今回の展示会で公開するとのこと。うわー観に行きたいなー。

あの美術館企画展じゃなくても、建物や装飾品自体が見所があるので2倍楽しめる。初めて行ったときには展示品と、ドアや照明、ラジエータカバーまで見てたらものすごい時間かかった。

*1:ちなみに「無断リンク禁止」と同じく主張するだけなら自由です、相手を説得させられるかは分かりませんが

*2コメントに対する対応はblogによって考え方が様々ではあるし、アルファブロガーさんだとコメントを返さない人も多いけれど

*3ブックマークエントリーページをさらにブックマークする

トラックバック - http://rikuo.g.hatena.ne.jp/rikuo/20060731