Hatena::Grouprikuo

Twitter::TheLastWill::archive::04

Twitter::TheLastWill::archive::04

これは http://twitter.com/TheLastWillTwitterでの投稿を再構成したものです。@TheLastWillについては Twitter::TheLastWill で説明しています。

まとめトップ

<< 前の20件 | 次の20件 >>


  1. 名人は稲の色で時間が分かると語る「ほら黄色くなってきた、もう2時らね」早朝から種を蒔き、朝食後に田植え、日が暮れる頃に稲を刈るこの生活を続けて30年、現在は減反政策で2坪になった水田ですが、毎日1俵の新米が収穫できるので、最近生まれた孫の墓前に供えているそうです #twnovel
  2. 彼は乱心した。働きもせず自堕落に暮らしてたが、職安に通い就職し、勤勉さ上司に認められ昇進し、取引先の幹部の娘と結婚して子供を授かりさらに猛烈に仕事に励み、学校行事にも参加し、義父から任された会社を大きく発展させそれを息子に引継ぎ、ようやく乱心から解けると働きもせず自堕落に暮らした
  3. 「こんな真っ昼間からお酒を飲むなんて、いいご身分ですね」と渾身のギャグを言う為に侍従長まで上り詰めたが、なかなかチャンスが掴めない日々が続きイライラして、抽斗に隠してたとっておきを一杯引っ掛けると、陛下から「こんな真っ昼間からお酒を飲むなんて、いいご身分ですね」 #twnovel
  4. 魚に詳しい専門家はそのポスターを一瞥するとこう指摘した「その種類はハワイに住んでいません」観光促進の広告で制作したのだが、知識のないデザイナーが適当に描いたイラストに不備があったのだ。既に各地で掲示されているが作り直しか……すると「だからボクが見つけてきましょう!」と笑顔で答えた
  5. なんとなく眠れないので羊を数えている「羊が一匹、羊が二匹、羊が……」ようやくうとうとしたころに、ふと気がつくと仔羊が布団の中に入っていた、どうやら彼も寝付けないらしい。しょうがないので子守唄をひとしきり歌うと、なんとか寝ついてくれたようだ。夕食はジンギスカンだな #twnovel
  6. 往来の真ん中で子供が泣いている。道行く人々が足を止めてなだめたり、なぜそんなに悲しんでいるのか尋ねたが答えようとせず泣き続ける。そして保護者はどこだと探したが誰も見つからず、次第に大人たちも往来の真ん中で泣き始めた。すると子供が尋ねた「なぜ泣いているのですか?」 #twnovel
  7. 文字数に上限があるので削るしかない。仕方ないからこの服装の描写は削るか。仕方ないからこの台詞は削るか。仕方ないからこの登場人物を削るか。服を剥ぎ、口を噤み、人を殺して文字を削りやせ細った物語が完成したが、頭上から声が聞こえた「仕方ないからこのエピソードを削るか」 #twnovel
  8. 空からやってきた彼らは、地上に降り立つと次々に人間を襲い、食べ始めた。それだけでなくビルも自動車も何もかも口にした。……話は変わるが、貝は海の浄化槽と喩えられている。汚染物質を体内に取り込み、ろ過して海を綺麗に保つのだ。彼らは人類と文明をろ過し地球は綺麗になった #twnovel
  9. 「漁夫の利」争うハマグリとシギを猟師が難なく捕まえること。厳選された素材を腕によりをかけて調理して争う美食対決を企画した私は、審査員の立場で両者の究極の料理を味わえて、まさに漁夫の利。そして料理もそうだが普段からグルメばかり食している彼らも実に美味く至高の気分だ #twnovel
  10. 「Webカメラでリアルタイムに動画配信できるサービスを利用して、作業風景を公開したんですよ。独りで机に向かう職業ですから集中できるように試行錯誤してたのですが、配信すると誰かに見られてる緊張感ではかどりますね。で、さらに効果を上げようとTV局を買収したわけです」 #twnovel
  11. 人気漫画がほぼ下書き状態で掲載されたことについては?「よくあることですよ」記事に誤字がありましたが「よくあることですよ」雑誌に乱丁がありましたが「よくあることですよ」きちんと製本されていませんが「よくあることですよ」紙ではなくパピルスですが「よくあることですよ」 #twnovel
  12. 「今日はどうされました?」「もう絶望しておるのです。信頼する部下に裏切られ、よちよち歩きの頃から育てていた者たちには呆れています。彼らは不満を訴えるだけで忠告も聞きません」「それは大変ですね、最初から詳しく話して下さい」「まず光りあれと宣言し、天と地を分け……」 #twnovel
  13. 当初Twitterの利用者を数える際、botを含めるかさして議論にならなかった。しかしアカウントが戸籍と同じ役割を持つようになりその扱いに異論が表明されたが、世論の後押しもあってbotに人権が認められた。そしてそこから参政権を獲得するまで時間はかからなかった「ホワイトハウスなう」
  14. 「先輩のとこ、確かお子さんいましたね。やっぱりホタル族ですか」「あぁ女房がいい顔しないんでね」「駅のホームもそうだし、最近は海水浴場もダメでどこも肩身が狭くなりましたね」「青少年に悪影響を与えるから、路上Twitter禁止って……俺らの若い頃とはもう変わったな」 #twnovel
  15. 数年振りに帰省して、久しぶりに姪っ子に会った私はお決まりの台詞を口にした「アキちゃん大きくなったねー」身の丈17メートルに成長した彼女は現在23歳。謎の病気で年々伸びているが、依然として意識は戻らない。この調子だと近いうちに、身長31メートルの私を追い越すだろう #twnovel
  16. 草葉の陰から物語が見ている。星がついたものはまだしも、吐いて捨てるように積み上げられた言葉は顧みられず堆く山を成した。Twitterでは1年前どころか、数ヶ月も経てば見向きもされなくなる。小さな物語はそれを掬う新たな検索エンジンを求めていた #gomihiroi#twnovel
  17. 竜宮城から帰ると故郷は変わり果てていた。浜に大きな女性の銅像が倒れていた。七つのとげがある冠を被り、身体にはゆったりとした布をまとい、右手に持ったたいまつを高く掲げ、左手は大切そうに本を抱えていた。そして何故か猿が多く、うるさいのが気になる #gomihiroi#twnovel
  18. 竜宮城から帰ると故郷は変わり果てていた。これは一体?と驚くのは助けた亀、そこに先ほどまで黙っていた浦島太郎が自信ありげに宣言する「全ての謎は解けました、犯人はこの中にいる!」青ざめる乙姫を気がつかない風に浦島太郎は「亀が苛められていたのが始まりでした」と語り…… #twnovel
  19. 竜宮城から帰ると故郷は変わり果てていた。砂浜には見たことがない異様な動物が多数いて、一様に自分の姿に驚き、騒いでいる。驚くのはこちらだ。おかしい。ティラノサウルスにいじめられてた亀を助けたトリケラトプスは自分が何故こんな事態に巻き込まれてしまったのか困惑していた #twnovel
  20. 竜宮城から帰ると故郷は変わり果てていた。近代的なビルが立ち並んでいる。助けた亀に訊くと、竜宮城では時の流れが異なりもう数百年も経ったのです、と答えた。ここで暮らしても構いませんが、竜宮城に戻りませんか?と尋ねられ、浦島太郎は頷く。ようやく地球人のサンプルを採取できた、と亀は喜んだ

<< 前の20件 | 次の20件 >>